著者紹介

和田 秀樹

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞( グランプリ) を受賞し、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍している。

書籍

孤独と上手につきあう9つの習慣

『孤独と上手につきあう9つの習慣』

和田 秀樹

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという人は多いでしょう。 コロナ禍で急増する「疎外感」「孤独感」に悩む人に、精神科医の著者が孤独に強くなるための具体的な方法を伝える。

書籍紹介

東大医学部

『東大医学部』

和田 秀樹 鳥集 徹

灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない。 今、日本の医学部、そして医療界に横たわる問題とは何か。「頭がいいとはどういうことか」「頭がいいから医者にさせる」はもう古い。では、本物の「成功者」の道とは。自らが灘高→東大医学部を卒業した精神科医・和田秀樹と、医療問題を抉り続ける気鋭の医療ジャーナリスト・鳥集徹が語る「東大医学部」の真実。

書籍紹介

公立・私立中堅校から東大に入る本

『公立・私立中堅校から東大に入る本』

和田 秀樹

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合格できると説得力と具体的方法論をもって伝える。 「子どもの受験」が変わるからこそ、絶対に親が読むべき本!

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧