ゲーム禁止、スマホ禁止…罰を与えても「勉強をしない」ワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

外出禁止、ゲーム禁止、部活動禁止……、勉強をしない子どもを罰しても、勉強をするようにならないのはもちろん、ますます頑なになるだけだといいます。それはなぜでしょうか。精神科医の和田秀樹氏の著書『アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉』(大和書房)で解説します。

【関連記事】灘高2年、下から50番目で東大医学部に現役合格できる理由

結果を褒めて、行動を叱る効果

私が小学生のころは、逆上がりができない子どもに対して体育教師が「どうしてできないんだ!」と叱責する光景が日常的に見られました。

 

できない子どもを叱ったからといって、やり方がわからないのですから、できるようになるわけがありません。私自身、そうやって教師から叱責されて、運動そのものが嫌になってしまった過去があります。

 

これは勉強でもまったく同じです。テストの成績がよくなかった子どもに対して「全然できていないじゃない。何をやっていたの?」などと問い詰めても、その子の劣等感が強くなり、ますます勉強嫌いになるだけです。

 

 親や教師の役割は、子どもに「どうすればできるか」という方法を教えてあげることです。これに関してアドラーは「劣等性を批判するのではなく、勇気づけるべきだ」と言っています。

 

京都大学名誉教授で教育心理学者の子安増生先生とお話しする機会があったとき、「結果を褒めて、行動を叱る」という認識で意見が一致したことがあります。

 

たとえば、子どもがテストでいい成績をとったら、何はともあれ評価してあげるべきです。まるで勉強をしていなかったように見えたとしても、結果に注目して認めてあげるのです。

 

テストでいい結果を出したということは、子どもなりに勉強のやり方を工夫したり、問題の解き方を発見したりしたという事実を意味します。そこを認めると、子どもは嬉しくなり勇気づけられます。次はもっといい点数を取ろうと、ますます努力するようになるのです。

 

テストで成績がよくなかったときは、あえて叱ることはしません。叱っても点数が上がるわけではないと認識してください。

 

叱るのは、あくまでも子どもの行動です。試験の結果は変えることはできませんが、テストの点が悪いのに「勉強をしない」という行動は変えることができます。

 

変えることができる行動を叱ると同時に、「こうすればできるようになるよ」とアドバイスをするようにしてください。

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載「自分から勉強する子」を育てる魔法の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

和田 秀樹

大和書房

親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ