「東大医学部」が変わらなければ日本の医学はお粗末なまま

専門分化型の医療から総合診療型の医療への移行の方向性は打ち出され、いくつかの大学医学部で総合診療科ができているのですが、現実にはそのような改革はほとんど進んでいません。その背景に東大医学部の存在があるといいます。精神科医の和田秀樹氏が『東大医学部』(ブックマン社)で明らかにします。

【関連記事】弟の東大現役合格で確信!「受験は才能ではなくて要領である」

「正常値信仰」が高齢者を殺す

私が、東大医学部が変わらないことには日本の医学はお粗末なままだと思うようになった背景を書かせていただきます。

 

今年で私は医者になって37年になります。

 

ところが、つくづく日本の医療は変わっていないなと思うことが多いのは確かです。たまたま老年医学の世界に身を置いたために、その問題点は高齢者医療から強く感じることになりました。

 

一つは、正常値信仰についてです。

 

日本では健康診断が盛んに行われ、いろいろな検査データをもとに診断を行うのですが、高血圧や軽い糖尿病のある高齢者の場合、薬、インスリンなどを使って血圧や血糖値を正常範囲に戻すと、フラフラしてしまう人が多いのです。

 

それどころか、血糖値を正常に戻そうとすると、失禁を起こしたり、ボケたようになったりする人が多いことを、私が勤めていた高齢者専門の総合病院、浴風会病院の糖尿病の専門家の先生は問題にしていました。朝の血糖値を正常値化すると、早朝に低血糖を起こしてしまうことが多いからだということでした。

 

この浴風会病院は、もともと関東大震災で家族を亡くした高齢者の救護施設、つまり身寄りのないお年寄りが入る老人ホームに付設された病院でした。また、昔から老年医学の研究を行う伝統があったため、亡くなった方の半数くらいを解剖しているので、年間100人くらいの高齢者の剖検例が出ることになります。そこではさまざまな発見がありました。

 

85歳を過ぎて、脳にアルツハイマー型の変性が多かれ少なかれ、まったくない高齢者はいないこと。85歳を過ぎると、ほとんどの人にどこかしらがんが見られることなどです。その他に動脈硬化も、程度の差はあっても皆さんに見られることがわかりました。

 

動脈硬化になると血管の壁が厚くなり、血液が通る部分が狭くなるので、血のめぐりは悪くなるし、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。そのため、血圧や血糖値、コレステロール値を下げて動脈硬化の予防をするわけですが、一旦動脈硬化になってしまうと、血流が通りづらいので血圧や血糖値はむしろ高めでないとフラフラしてしまうという事態に陥ります。

 

高齢になったら検査データの正常値にこだわるより、本人の訴えや症状に合わせた医療を行うほうがいいと思うようになったゆえんです。

 

実際、浴風会病院は、亡くなるまでフォローできる特別養護老人ホームなどが併設されているので、患者さんの5年後、10年後、15年後の死亡率などの追跡調査ができます。結果的に、血圧は160くらいまでは正常の人と死亡率が変わらないことや、血糖値については、糖尿病とされている人でも死亡率が変わらないことがわかりました。

 

もう一つの大きな発見は、高齢者の場合は、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症のように一人でいくつも病気を抱えているということです。この場合、各々の病気に正常値を目指して薬を出していると、たいていの高齢者は具合が悪くなります。高齢者の場合は、薬の優先順位をつけ、その種類を制限できるような総合診療医が必要なのだと痛感しました。

 

この手のことをまとめて、1996年に『医者よ、老人を殺すな!』(ロングセラーズ)という本を書いたのですが、そこに書かれている問題の多くは未だに改善されていないし、現在でも通用する話だと自負しています。

 

高齢化が進めば、専門分化型の医療から総合診療型の医療に変わっていかないといけないし、正常値にこだわるよりエビデンスを求めて、高齢者が最も長生きできる治療を研究しないといけない。なのに、事態は一向に改善していないということです。

 

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

あなたにオススメのセミナー

    こころと体のクリニック 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    ジャーナリスト

    1966年兵庫県生まれ。同志社大学大学院修士課程修了(新聞学)。会社員、出版社勤務等を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。タミフル寄附金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表してきた。2015年に著書『新薬の罠子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。他の著書に『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ』(宝島社新書)、『医学部』(文春新書)など。

    著者紹介

    連載「東京大学医学部」偏差値トップの超エリートコースはいま

    本連載は和田秀樹・鳥集徹著『東大医学部』(ブックマン社)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    東大医学部

    東大医学部

    和田 秀樹 鳥集 徹

    ブックマン社

    灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ