暗記数学の実力「解法パターンの暗記で、数学の成績は上がる」 (※画像はイメージです/PIXTA)

灘高時代、同級生のひとりが優秀な生徒の数学のノートを編集したものをコピーして同級生に売り始めた。しばらくしてコピーを売っていた同級生の数学の成績が飛躍的に伸びた。そこで和田秀樹氏はコピーを買って、そこに載っている解法をひたすら覚えることに注力した。しばらくすると、学校の成績だけでなく、模擬試験の数学の成績もどんどん上昇していったという。なぜなのか。※本連載は、和田秀樹氏の著書『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房、2019年2月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

優秀な生徒の数学のノートを写すだけで成績が上昇

■解法パターンを暗記すれば、成績は確実に上がる

 

私が数学の勉強法として「暗記数学」を提唱している。

 

まず、私が暗記数学を「発見」した経緯から少し説明してみたいと思います。私は、小学生のころソロバン教室に通っていたこともあり、もともと計算が得意で、小学校時代から算数は得意科目にしていました。

 

しかし、灘中に合格して気がゆるんでしまい、勉強の手を抜いてしまったため、成績はみるみる急降下。

 

あれだけ得意だったはずの数学が、すっかり苦手科目に変わってしまいました。

 

もともと得意だっただけに、精神的なショックには計り知れないものがありました。

 

悩んでいるうちにも、灘では先取り学習を行いますから、私とクラスメイトとの間には、どんどん実力差がついていきます。

 

いつの間にか、自他共に認める落ちこぼれの仲間入りをしていました。

 

高1になると、授業で大学入試レベルの演習問題に取り組むようになりました。

 

宿題で出された問題を、指名された生徒が黒板を使って解いていきます。私には難しい問題を解く力がなく、宿題をやってきた優等生の生徒のノートを借りてその場をしのいでいました。

 

中間テストや期末テストでは、授業でやった演習と似たような問題が出題されましたが、まともに解こうとすると、1題20分はかかります。


 
50分の試験時間で10題出題されるのですから、とても対応できません。私は試験中に頭を抱えるばかりでした。

 

あるとき、同級生のひとりが優秀な生徒の数学のノートを編集したものをコピーして同級生に売り始めました。

 

なかなか商才があるな、というくらいに考えていたのですが、しばらくしてコピーを売っていた同級生の数学の成績が飛躍的に伸びました。これには非常に驚きました。彼は、もともと数学が得意ではありませんでした。

 

優等生のノートを書き写して、わかりやすく見せるための編集をしているうちに、解法を身につけたのだろうと思われました。

 

そこで私も同級生からコピーを買うことにし、そこに載っている解法をひたすら覚えることに注力しました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】12/4(土)開催決定
利回り20%以上が当たり前の「真の投資力」を学べる
普通の空き家投資じゃない、スゴイ空き家投資だ!

「ダイヤモンド空き家投資」特別セミナー 詳しくはこちら>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞( グランプリ) を受賞し、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍している。

著者紹介

連載公立・私立中堅校から東大に入る「本当の勉強法」

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!