認知症予防する食習慣…毎日、献立を考え、料理する意外な効果【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

料理というのは、とても認知機能を使う仕事です。妻だけにその究極の認知症予防をさせていてはもったいない。男性も厨房に参戦して自分の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。老人医療に詳しい精神科医の和田秀樹氏が著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)で解説します。

高齢者世帯は虚弱と認知症を招き込む

■軽度認知障害――脳も使わないと衰える

 

「軽度認知障害(MCI)」という状態があります。最近、使われている用語ですが、「Mild Cognitive Impairment」の略でMCIといいます。

 

この状態は、健常でも認知症でもない中間の状態です。ちょっとボケてきたな、という感じでしょうか。生活に支障はきたさないけれど、物忘れが増えてきたと感じることは誰にでもあります。

 

このMCIの状態を放置すれば、認知症への進行は早くなります。

 

85歳になれば約半数の人に認知症レベルの知的機能の低下が認められますが、認知症になり生活できなくなる状態を遅らせたいと思うなら、MCIと診断されたら自分の生活にテコ入れをしていったほうがいいでしょう。

 

先にフレイルとサルコペニアの言葉を説明しました。老いて放っておけば虚弱になり、筋肉は減ります。それと同じように、脳も使わないと衰えていきます。

 

脳は誰でも縮むし、究極的には誰もが認知症になると思っていいと私は考えています。過度に怖がらないでほしいのですが、症状を遅らせたいのなら予防することも必要です。

 

WHO(世界保健機関)では、「認知機能低下および認知症リスク低減」のための12のリスクを発表しています。

 

①運動、②禁煙、③栄養、④飲酒、⑤認知トレーニング、⑥社会参加、⑦減量、⑧高血圧、⑨糖尿病、⑩高脂血症、⑪うつ、⑫難聴

 

高血圧や糖尿病などいくつか私には同意できかねるものがありますが、これらのリスクへ早期の介入をすることが、認知症予防になるということです。

 

最近、自治体では介護保険制度とは別に、体操教室や要介護前の人たちの集う場を設けているところも多くなりました。

 

これはずばり、認知症予防のためです。最近の高齢者は、老老世帯や単独世帯といった形で、子ども世帯と生活は別々という人が多いです。人との交流も減り、家にいてもそれほどやることもないとなれば動かなくなります。それは虚弱と認知症を招き込みやすくなります。

 

要介護の人が増えると、介護保険制度の財政を圧迫します。自治体は財政の圧迫を少しでも減らしたいと介護予防事業に力を入れていき、認知症のリスク回避の啓蒙をしていきたいと考えています。

 

これらの事業も意義のあるものだと思いますが、あまりにも回数が少ないのが現実です。これも財政的な問題があると思うので、仕方がないかもしれません。

 

ですから、みなさんには行政だけを頼りにせずに、できれば毎日、自分自身にリスク低減の努力をしていってほしいと思います。自分にあったリスク低減を自分で考えていきましょう。考えることが予防にもなります。

 

【年収2,000万円以上の方限定】4/4(火)開催
「ローンがつくなら買いたい」という投資家の声にお応えした
都心一棟マンション【J-ARC】シリーズについて解説!>>>>

あなたにオススメのセミナー

    ルネクリニック東京院 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、現在、ルネクリニック東京院院長。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    連載人生100年時代を豊かな心で健康に生き抜くための処方箋

    本連載は和田秀樹氏の著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    和田 秀樹

    廣済堂出版

    70代は人生の下り坂に差し掛かった時期。一気に滑り台のようにおりていくか、鼻歌でも歌いながら気長におりていくか……。80代、90代を迎える大事な時間である70代をいかに過ごすべきか。30年以上にわたり高齢者医療に携わって…

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    和田 秀樹

    大和書房

    親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

    東大医学部

    東大医学部

    和田 秀樹 鳥集 徹

    ブックマン社

    灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ