「勉強のやり方しだいで東大合格できる」と確信…灘高生の体験 (※写真はイメージです/PIXTA)

高校三年の夏、公立高校の生徒たちの「的外れな勉強法」に衝撃を受けた灘高生。東大を目指しているという同級生の友人に灘高の勉強法伝授した結果、見事東大合格。さらに1歳下の弟にも勉強を教えたところ東大文一に合格した。「勉強はやり方しだい」だという事実を痛感したという。※本連載は、和田秀樹氏の著書『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房、2019年2月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

休まず勉強する他校の生徒たちを見て、焦る灘高生…

中堅校からでも東大を目指すことはできる。身のまわりで起きた2つのできごとをきっかけに、私はそう確信するようになりました。

 

灘高校3年生だった夏のことです。私は、夏休みを近所の公立図書館で勉強しながら過ごすことに決め、夏休みに入ると早速通い始めました。

 

実をいうと、その時点で、模擬試験の成績や過去問にチャレンジした手応えから、東大理三に合格できる見こみはついていました。

 

高校3年の夏休み、公立高の生徒たちは的外れな勉強を続けていたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
高校3年の夏休み、公立高の生徒たちは的外れな勉強を続けていたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

では、なぜわざわざ図書館通いを計画したかというと、図書館に通う女子生徒に勉強を教えてあげればモテるのではないかと思ったからです。いってみれば不純な動機です。私にも、男子高の生徒らしい妄想にあふれる時期があったわけです。

 

さて、朝早起きして図書館に向かうと、午前9時の開館を前にして、受験生らしい人たちが列をなして待っているのが見えました。

 

図書館には熱心な学生が集まるので、早めに行かないと席を確保できないとは聞いていましたが、実際に目の当たりにすると、気が引き締まりました。自分もうかうかしていられないという気持ちになりました。

 

席を確保すると、みんな一斉に勉強をスタートします。

 

全員が一心不乱といった様子で、誰一人として雑談をする雰囲気ではありません。途中、私は席を立ってバーガーショップに出かけたり、適度にお茶休憩したりしていたのですが、公立高の受験生たちはほとんど席を立つことすらありません。

 

お昼どきになると、彼らは持参したお弁当を5分くらいで食べ、数時間に1回くらいのペースでトイレ休憩する以外は、机にかじりついて勉強していたのです。

 

それを見ていて、さすがに「ヤバい」と感じました。今でこそ、自分は合格圏内ですが、このハイペースで公立高校の生徒たちが勉強を続けたら、私が追いつかれて、追い抜かれるのも時間の問題ではないか、と不安になってきたのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】22年1/21(金)開催
不動産経営の法人化による税金対策と事例紹介
賃貸マンション経営オーナのための
緊急「税金対策」セミナー 詳しくはこちら>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞( グランプリ) を受賞し、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍している。

著者紹介

連載公立・私立中堅校から東大に入る「本当の勉強法」

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!