親の老いる姿に愕然…家族が老親の「老い」を受け入れない現実 (※写真はイメージです/PIXTA)

70代半ばの女性が娘さんに付き添われて受診したときのこと。娘さんは「父が死んでからひとり暮らしで心配」「最近、料理をしなくなりました」「元気がありません」「認知症ではないですか」と心配ごとが次々に出てきます。老人医療に詳しい精神科医の和田秀樹氏が著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)で解説します。

いつまでも親は元気だという思い込みがある

■本人だけでなく、家族も「老い」を受け入れ、楽しく生活する

 

本人だけでなく、家族の方も高齢な親に対して不安や心配症になります。


 
70代半ばの女性が娘さんに付き添われて受診しました。娘さんは「父が死んでからひとり暮らしで心配」「最近、料理をしなくなりました」「元気がありません」「物忘れがあって」「認知症ではないですか」と心配ごとが次々出ます。

 

検査をしましたが、脳の萎縮もひどくはなく、認知症と診断するほどではなかったのですが、少し栄養不足があったので、栄養をとり、運動をするようにと、ごく普通のアドバイスをしました。

 

ご本人の話を聞くと、シンプルな食事が好きだそうです。夫は肉が好きな人で肉ばかり食べていたから、いまは好きなものを食べている。ミステリー物のドラマや映画が好き。ひとりになって気ままに生活しているのに、娘が毎日電話してきてうるさい、ということでした。

 

私は、この方はまだまだ大丈夫だなと思いました。娘さんには、娘さんがおかずをつくるとか外食に連れ出したらいかがですか(食べる好奇心を増やすためです)、あと、ネットでいろいろな映画を観られるように環境をつくってあげたらと伝えました。娘さんは素直に実行してくれて、この女性はとても元気になったそうです。

 

子どもというのは、いつまでも親は元気だという思い込みがあります。一緒に暮らしていれば、だんだんに老いていく様子がわかるでしょうが、離れて暮らしていてたまに会うと、親の老いに愕然とします。

 

前は山のように料理をつくって子どもたちの帰りを待っていたのに、買ったもので済ます。同じことを何度も話す。痩せてきた……あらゆる親の動向に老いを感じます。そのうえ、認知症についての中途半端な情報がありますから、「認知症になったらどうしよう」と心配が先にたち、親にあれこれうるさく言うようになるようです。

 

お子さんたちに伝えたいのは、親を若いときの親と比べないほうがいいということです。昔なら、家事は子や嫁に任せて隠居している年齢です。孫の世話、草花の手入れでもしていればよかったのです。それがひとり暮らしで自立しているのだから、たいしたものです。ほめてあげましょう。

 

料理というのは、毎日の習慣です。家族が多いときはたくさん料理していても、ひとり分だけつくっている生活では、以前のように料理のモチベーションがすぐには湧いてきません。

 

老いれば話題にも乏しくなります。話したいのは楽しかった昔話になります。子どもの小さいときの話、みんなで旅行に行ったときのこと。親は何度も心で反芻している思い出を、分かち合ってくれる家族に話したいのです。

 

高齢になった親を持つ子どもたちは、親を働き盛りの元気な親と比べるのではなく、いまの親に必要なものは何かを冷静に考えてほしいと思います。認知症から遠ざけるには、運動習慣と好奇心、笑いだと言われています。親が「ちゃんとしているか」より、楽しい生活が送れるように支援していきましょう。

 

ご本人だけでなく、家族も「老い」はあきらめて、楽しく生活する方法を考えてほしいと思います。

 

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

あなたにオススメのセミナー

    こころと体のクリニック 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    連載人生100年時代を豊かな心で健康に生き抜くための処方箋

    本連載は和田秀樹氏の著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    和田 秀樹

    廣済堂出版

    70代は人生の下り坂に差し掛かった時期。一気に滑り台のようにおりていくか、鼻歌でも歌いながら気長におりていくか……。80代、90代を迎える大事な時間である70代をいかに過ごすべきか。30年以上にわたり高齢者医療に携わって…

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    和田 秀樹

    大和書房

    親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

    東大医学部

    東大医学部

    和田 秀樹 鳥集 徹

    ブックマン社

    灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ