ラクで万歳!「リハビリをしろ」と言えなくなった母親の一言 (※写真はイメージです/PIXTA)

歩けないより歩けるほうがいい。リハビリが大事であると精神科医の和田秀樹氏は考えていました。そんな和田氏のお母さんが骨折で入院。リハビリで歩けるようになりましたが再び骨折で入院。そんなお母さんはいつも前向きです。老人医療に詳しい精神科医の和田秀樹氏が著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)で解説します。

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

「子どもには迷惑をかけたくない」

■人に頼ることは悪いことではない

 

高齢になった方の誰もが口にする言葉に、「子どもたちの負担になりたくない」「人さまのお世話にならないようにしなくては」といったものがあります。

 

身体を動かせるうちは、自分でできることはやり抜く。立派なことです。でも、みなさんが口にする「子どもには迷惑をかけたくない」という言葉の裏に、さびしさがにじみ出ているように感じます。

 

いまの世の中は自立志向がもてはやされますが、そのおかげで私たちは甘え下手になっているような気がします。自助努力だの自己責任だの、高齢者には本来、無意味な言葉ですね。

 

何かしてもらいたい場合は、すべてお金を払ってサービスを頼む、つまり、お金を消費することが自立の目安になっています。

 

介護保険制度は、家族を介護からあれこれと解放したという面ではいいところもあります。問題はいろいろありますが、お金を払ってサービスを受けているので、後ろめたい気持ちも少なくなるでしょう。

 

ただ、介護保険制度のおかげで、家族や地域に頼りづらくなってきた面はないでしょうか。自立できなきゃ、お金を払ってサービスを頼め、家族やご近所に迷惑をかけないのが立派な人だ、と私たちは思い込んでいないでしょうか。

 

私は医者ですから、人が老い、死んでいくことを目の当たりにします。2年前元気だった人が少しずつ弱ってきます。

 

しかし、核家族になったいま、老いて死んでいく姿が一般の人に見えづらくなり、福祉の問題にされてしまっているような気もします。

 

私たちは、もう少し人に頼ってもいいのではないでしょうか。

 

「ひとりで病院へ行くのは不安だから、一緒に行ってほしい」と子どもにお願いする。

 

「町に行くついでに、車に乗せて行ってくれないか」と隣にお願いする。そういうやりとりがもっとあっていいと思います。

 

最近の大人は成熟しない、子どもっぽいといわれます。政治家も昔の大物は威厳がありましたよね。いまはいかにも軽い。人間が軽くなってきたのは、世代間のやりとりができていないからではないかと思うことがあります。

 

祖父母や親を世話して老いに向き合い、死に立ち会うといった当たり前のやりとりがかつてはありました。

 

いまの高齢者は、「子どもに迷惑をかけない」と言いつつ、子どもたちから大人になる機会を奪っているのかもしれません。

 

あなたは自分の老いをしっかり楽しみながら生き、ヨボヨボになっている姿を見せつつ、頼るときは人に頼りましょう。そうすれば次世代も心構えができてくるというものです。

 

次世代へつなぐのは、あなたが老いを楽しむ姿なのです。それができるのは高齢者だけです。むしろ堂々と老いていいはずです。

 

あなたにオススメのセミナー

    こころと体のクリニック 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    連載人生100年時代を豊かな心で健康に生き抜くための処方箋

    本連載は和田秀樹氏の著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    和田 秀樹

    廣済堂出版

    70代は人生の下り坂に差し掛かった時期。一気に滑り台のようにおりていくか、鼻歌でも歌いながら気長におりていくか……。80代、90代を迎える大事な時間である70代をいかに過ごすべきか。30年以上にわたり高齢者医療に携わって…

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    和田 秀樹

    大和書房

    親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

    東大医学部

    東大医学部

    和田 秀樹 鳥集 徹

    ブックマン社

    灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ