なぜ「依存先」が多いほど心は安定し、孤独に強くなるのか? (※画像はイメージです/PIXTA)

この依存先がたくさんあって、ひとつひとつへの依存度が浅い人ほど、「自立」できている人であり、孤独をうまくコントロールできる人なのです。さまざまな選択肢がとれればとれるほど、心は安定し、孤独に対しても強くなります。精神科医の和田秀樹氏が著書『孤独と上手につきあう9つの習慣』(大和書房)で解説します。

【関連記事】なぜ「損得」でしか考えられない人は不幸なのか?【精神科医が解説】

いろんな可能性や選択肢を提示すること

■プロの役割は「解決法」を増やすこと

 

プロや専門家に相談するとき、その意味をはき違えないようにすることだけは、気をつけてください。

 

私なども、なにか事件が起こったときに、精神科医としてマスコミからコメントを求められることがありますが、「この犯人はどんな人なんでしょう?」という問いに対して、ピタリと答えを当てるのがプロだと思われているフシがあります。

 

しかし、プロというのはいろんな可能性を提示できることだと私は考えています。

 

ドンピシャのたったひとつの答えを期待している人にはガッカリさせてしまうかもしれませんが、「こういう可能性もある。ああいう可能性もある」と、さまざまな方向性で語れてこそプロなのです。超能力者や預言者のお告げとは違います。

 

カウンセリングも同様です。

 

「プロなんだから、何でもお見通しのはず」
「ものすごく画期的な解決法を教えてくれるはず」

 

こんな他人本位な期待だけでカウンセリングに臨んでも、望む効果は得られません。

 

プロができるのは、画期的な解決法を見出すことではなく、

 

いろんな可能性や選択肢を提示すること。

 

最後にどれを選ぶか、どうやって解決するかを決めるのは、あなた自身なのです。プロはあなたのその決断をサポートしてくれるだけなのです。

 

■選択肢が増えれば増えるほど、心は安定する

 

「一生懸命、おいしいごはんをつくって、家をきれいに整えて、家族が気持ちよく過ごせるように頑張っても、誰も褒めてくれない……。家族からも〝やって当たり前〟と思われている」

 

主婦の方の話を聞くと、こんなことを言う方がよくいらっしゃいます。悩みというほどではないけれど、家事を頑張る気持ちが低下したり、嫌々やることになったり、空しい気分になったりする。

 

でも最近、インテリアや料理、ピカピカに磨いたキッチンなどの写真を撮り、インスタグラムやフェイスブックなどに載せて、主婦仲間で褒め合う関係をつくっている人を見かけることがあります。誰かに自分の頑張った姿を見てもらって、褒めてもらう。それをまた明日から頑張るためのエネルギーにするというわけです。

 

「褒め合う」というのが目的なので、ちょっと自己満足のような写真でも掲載しやすいし、同じ立場にいる人同士なら共感もしてもらいやすい。お互いに「同盟関係」だと認識していれば、自慢にとられることもないし、励ましの言葉もスムーズにかけ合える。

 

さらに、1日の終わりに家事が完了した写真を掲載する程度であれば、ネット依存にはまることもないでしょう。

 

「これはSNSを建設的に利用できているケースだなあ」と感心しました。

 

何度も言うようですが、孤独に対して強くなるためには、たくさんの依存先、選択肢を持つことです。

さまざまな選択肢がとれればとれるほど、心は安定し、孤独に対しても強くなる。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載精神科医が教える「孤独」と上手につきあう作法

※本連載は精神科医である和田秀樹氏の著書『孤独と上手につきあう9つの習慣』(大和書房)から一部を抜粋し、再編集したものです。

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ