灘高で、「優等生のノートを500円で売った男」の意外な結末

灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らないのも事実。自らが灘高、東大医学部卒業した精神科医の和田秀樹氏と、医療問題を抉り続ける気鋭の医療ジャーナリストの鳥集徹氏が「東大医学部」について語る。本連載は和田秀樹・鳥集徹著『東大医学部』(ブックマン社)から一部を抜粋し、再編集したものです。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

灘で落ちこぼれると這い上がるのは容易ではない

鳥集 確かに、数学に限らず、受験勉強の多くは、暗記を強いられます。しかし、なぜ和田さんは、精神科医が本業でありながら、大学受験の暗記数学を提唱することになったのですか?

 

和田 昨今は、認知心理学*の進歩によって、脳の情報処理のプロセスが解明されつつあり、「知識の暗記」の重要性が再認識されるようになってきました。認知心理学では、人間の思考を「既存の知識を使って推論すること」と定義しています。これは、受験勉強に置き換えたなら、「解法パターンを暗記し、それらを使って問題を解く」暗記数学そのものではないでしょうか。

 

認知心理学
人間の知る「機能」と「メカニズム」の解明を目指した、科学的・基礎的心理学の一分野のこと。1950 年代まで主流だった、客観的な観察に基づく行動主義的心理学への反動から生まれた。コンピュータの進歩に伴う「情報」の概念の導入とともに、通信工学、言語学、神経科学などの影響を受け、心の内部のメカニズムを直接的に論じ、解明しようとするもの。

 

「模範解答を先に見て、その解法を覚える」。それが、暗記数学の具体的なやり方だという。
「模範解答を先に見て、その解法を覚える」。それが、暗記数学の具体的なやり方だという。

 

鳥集 一昔前までは、わからない問題を前に、長い時間をかけて考えることが大切であり、それで知力や思考力が鍛えられるとされていましたが、必ずしもそうではないということですね。

 

和田 脳科学においても、難しい問題を前にウンウン唸うなっているときには、脳がたいして活性化していないという報告もあります。「机にかじりついて考えれば考えるほど思考力がつく」というのは、スポ根的、旧時代的な発想です。

 

私は、勉強は努力に比例するという考え方があまり好きではありません。よく、3000時間を受験勉強に費やせば東大に合格できると言われているようですが、私はその半分くらいでいいのではないかと思っています。言い方は悪いけれど、アホみたいに時間をかけて勉強して東大に合格した人は、その後の人生でも、やり方を変えず、上から言われた通りにやるので、忖度官僚のようになってしまうと思っています。

 

私が精神科医の傍ら、受験アドバイザーとしてこの30年近く言い続けてきたのは、「受験において考える力というのは、目の前にある難しい問題を解く力ではなく、その問題が解けなくても、どうやって受かるかを考える力」だということです。

 

人間というのは、いい点を取ると自己評価が上がり、さらに人生の高みを目指せるものなのです。どんどんよいスパイラルが生まれる。しかし点数が上がらなければ、自己評価も低いままで、負のスパイラルに飲み込まれてしまう。すべからく考え方の問題です。人生が上手くいっている人は、上手くいく考え方が習慣になっています。逆もまた同様です。最近では、認知療法という、ものの見方を変える治療が精神科の臨床でも盛んに行われますが、これはまったく同じ考え方だと思っています。

 

そうした理由から、精神科医になった後、私は多くの戦術的学習参考書を書いてきました。しかし、それらの本が書けたのは、私が灘校で過ごしたことも間違いなく影響しています。

 

鳥集 和田さんが暗記数学に目覚めた経緯を、もう少し詳しくお話ししてください。

 

和田 灘のような進学校で落ちこぼれると、そこから這い上がるのは容易ではありません。授業の進度がかなり速く、トップとの差があまりにもつき過ぎているからです。

 

私も、小学生までは常に算数の天才と言われていたのに、灘校に入った途端、数学の授業のほとんどがちんぷんかんぷんになりました。宿題をやろうにも、1題を解くのに1時間はかかりました。いくら考えても、解けないこともよくありました。

 

しかし、灘の優等生はものの10分か15分で解いてしまいます。そのときに気がついたのです。今後、彼ら優等生と同じように勉強していても、永遠に追いつくことは不可能だと。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】4/21(水)開催
「日本一富裕層に詳しい税理士」による2021 節税対策 
~今知っておくべき、令和3年度税制改正の実態~
詳しくはこちら>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞( グランプリ) を受賞し、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍している。

著者紹介

ジャーナリスト

1966年兵庫県生まれ。同志社大学大学院修士課程修了(新聞学)。会社員、出版社勤務等を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。タミフル寄附金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表してきた。2015年に著書『新薬の罠子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。他の著書に『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ』(宝島社新書)、『医学部』(文春新書)など。

著者紹介

連載「東京大学医学部」偏差値トップの超エリートコースはいま

東大医学部

東大医学部

和田 秀樹 鳥集 徹

ブックマン社

灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧