要注意!子どもの成長意欲を奪う「親が言いがちなNGワード」 (※写真はイメージです/PIXTA)

親が子どもに対して「これはまだ無理」「これはやめておいたほうがいい」などと限界を設けることで、子どもが得することは何一つとしてありません。基本的に安全が保証されている限りは、限界を設けず何でも挑戦させることが大切です。精神科医の和田秀樹氏の著書『アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉』(大和書房)で解説します。

【関連記事】灘高2年、下から50番目で東大医学部に現役合格できる理由

原則として、「大人と子どもは対等」である

子どもが背伸びをして大人の話に加わろうとしたとき、あるいは手に負えない課題に挑戦しようとしたとき、どんな言葉をかけているでしょうか。

 

親であれば、子どもが理解できるか、手に負えるかどうかは事前にわかるでしょうから、ついついこんなふうに突き放して答えがちです。

 

「まだ早いよ。大きくなったらわかる」
「いつかはわかるんだから、今はいいの」

 

アドラーは大人が上で子どもが下、という人間関係を否定し、あらゆる人間関係は対等であるべきと考えていました。

 

大人たちに向けて次のように警告しています。

 

「子どもたちが質問をすれば、『大きくなったらわかる』と言いなさい。これもあなたが子どもたちを対等な人間とは見ていないということを子どもたちに示すことになるだろう。彼(女)らは質問するのをやめ、愚かになるだろう」

 

親が子どもよりも知識や経験が豊富なのは当たり前です。

 

しかし、それは単純に親が先に生まれたというだけであって、人間としてはあくまでも対等です。

 

子どもに対して、「あなたは物を知らないけど、自分は知っている」という態度で親が接していると、子どもたちはそこでさまざまなことに対する好奇心を失ってしまうだけです。

 

大人の話を知りたいのであれば、突き放さずに、伝えてもかまわない範囲でわかりやすいように伝える。無謀な挑戦もあたたかく見守り、できるようにサポートしていけばよいのです。

 

もちろん、それでも子どもには理解できないことがたくさんあるでしょう。そのときも対等な目線で、希望を持たせる言葉をかけるべきです。

 

「パパだって、そのくらいの歳のときはわからなかった。でも、だんだんわかるようになるから大丈夫だよ」

 

大人と子どもは対等である。この原則を忘れないようにしてください。

こころと体のクリニック 院長

1960年生まれ。
東京大学医学部卒業。
東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

著者紹介

連載「自分から勉強する子」を育てる魔法の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

和田 秀樹

大和書房

親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ