弟の東大現役合格で確信!「受験は才能ではなくて要領である」

「灘高の勉強の仕方を教えてほしい」という弟の申し出に、和田秀樹氏は改めて灘高に伝わる勉強法を体系化。灘式の勉強法をマスターした弟は、みるみるうちに実力を伸ばし、見事東大現役合格を果たしたといいます。精神科医の和田秀樹氏の著書『アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉』(大和書房)で解説します。

【関連記事】灘高2年、下から50番目で東大医学部に現役合格できる理由

灘式勉強法をマスターすれば東大合格できる

今にして思えば、私の弟は非常に気の毒な子ども時代を過ごしてきました。

 

というのも、私と比較して、「できの悪い子」「発達が遅れている子」というレッテルを貼られることが少なくなかったからです。

 

私が6月生まれなのに対して、弟は翌年の12月生まれ。

 

年子でありながら、実際には1年半の差がありました。

 

そのうえ、私が比較的言語発達の早い子だったのに比べ、弟は発達のスピードがゆるやかで、幼児期に大病を経験したこともあり、小学校に入学するころには、兄弟間で埋めようにも埋まらない差がついていました。

 

■「アホなほうの子」と言われた弟

 

父親はわりと雑な性格でしたから、そんな弟の屈折した心情に通じていたとはとても思えません。

 

弟の回想によれば、あるとき、父と弟の2人連れで街を歩いている途中に、こんな経験をしたそうです。

 

たまたま通りかかった父の知り合いが、声をかけてきました。

 

「どうもこんにちは。ああ! こちらが和田さんのところの賢いお坊ちゃんですか?」

 

どうやら、父親は私たち兄弟の与り知らないところで、長男である私のことを一方的に自慢していたようです。おそらく、私が灘中学に入学する前後の時期であり、「中学受験の模擬試験で1番になった」「こんなに勉強できる子だ」などと喧伝していたのでしょう。

 

お世辞を言ってきた知り合いに向かって、父は弟を指して次のように言い放ったそうです。

 

「いやあ、こいつはアホなほうの子でんねん」

 

その後50年近くは経過しているはずですが、今でも弟の記憶に父の一言がくっきり刻まれているようですから、相当ショッキングな言葉だったと思います。

 

■根拠なく「東大へ行きたい」

 

そんな弟は(私にしてみれば不思議で仕方ないのですが)成績が優秀であったわけでもないのに、根拠のない自信に満ちあふれた性格の持ち主でした。

 

私が東大に進学し、弟が高校3年に進級したとき、急に弟からこんな頼みを受けました。

 

「僕は灘高の勉強の仕方さえマスターすれば、絶対に東大に合格できると思う。だから、灘高の勉強の仕方を教えてほしい」

 

この申し出にはびっくりしました。

 

弟は、私に続こうとして受験した灘中を不合格となり、不本意ながら滑り止め受験をした学校に入学。そのまま高校へと進学していました。

 

その学校は、毎年京都大学の合格者が1人出るか出ないか、というくらいの学力レベルであり、東大合格を目指している生徒など皆無に近い状況です。

 

しかも、よく聞けば学校内での弟の成績は60位程度というではありませんか。普通に考えれば、関関同立クラスに進学できれば御の字というところです。

 

弟が東大に行きたいと言い出すなど、私にはまったく予想外の事態だったのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載「自分から勉強する子」を育てる魔法の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

和田 秀樹

大和書房

親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ