なぜ日本人は「友達が多いほど偉い」と誤解してしまうのか? (※画像はイメージです/PIXTA)

友達は、多ければいいというものではありません。同様に、少なければいいというものでもありません。「数」の問題ではないのです。「わかり合えているか」が重要なのです。そんな当たり前のことが見えづらくなっていることの背景には、「コミュ力」への誤解があるように感じますと精神科医の和田秀樹氏が著書『孤独と上手につきあう9つの習慣』(大和書房)で解説します。

【関連記事】精神科医として伝えたい…「孤独でいること」の驚くべき効果

「コミュ力」なんて必要ないという理由

■友達が多いほど「偉い」のか?

 

疎外感を軽減する方法として真っ先に思いつくのが、大勢の仲間を作るということでしょう。

 

何かイベントがあればあちこちから声をかけられ、知り合いも多く、人脈も豊富。ワイワイみんなで騒ぐのが大好きで、いつも人の輪の中心にいる。率先してみんなに「集まろうぜ」と声をかけ、世話を焼くのも大好き―、まさに「人気者」という感じですね。

 

こうした「友達が多いほど〝偉い〟」という風潮は、いったいいつから生まれてきたのでしょうか。

 

私は、「コミュ力」なる言葉と並行してのことではないかと考えています。

 

ここまで本連載を読み進めてきた読者のみなさんならおわかりのとおり、いくら仲間を作っても、孤独や疎外感は軽減できません。

 

たったひとりでいいので、じっくり深い関係を育むほうが孤独や疎外感にはむしろ有効なのです。

 

しかし、世の中では「友達が多い」人ほど幅を利かせているようです。その風潮につられて、「友達が少ない」ということを恥じる人もたくさんいます。


  
友達は、多ければいいというものではありません。同様に、少なければいいというものでもありません。「数」の問題ではないのです。「わかり合えているか」が重要なのです。

 

そんな当たり前のことが見えづらくなっていることの背景には、「コミュ力」への誤解があるように感じます。

 

本来、コミュニケーション能力とは、相手にわかるように説明できる能力や、自分が伝えたい内容をきちんと伝えられる能力のことを指します。知らない相手とのコミュニケーションであれば、せいぜいあいさつができるといったことでしょう。

 

つまり、きちんとした自己主張ができるという前提がある。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載精神科医が教える「孤独」と上手につきあう作法

※本連載は精神科医である和田秀樹氏の著書『孤独と上手につきあう9つの習慣』(大和書房)から一部を抜粋し、再編集したものです。

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ