50代「子どもと気まずい…」多くの人が抱える悩み、解決策は「失敗した!」と思った際“とるべき行動” (画像はイメージです/PIXTA)

脳の老化は「前頭葉」から始まり、前頭葉が老化すると、脳全体が老化する、とルネクリニック東京院院長和田秀樹氏は言います。それでは、どのようにすれば、私たちの前頭葉は衰えないままでいられるのでしょうか。本連載は、和田秀樹氏の著書『50歳からの「脳のトリセツ」 定年後が楽しくなる! 老いない習慣』(PHP研究所)から一部抜粋し、お届けします。

家族とも友人とも、あの手この手で実験を

生活実感と言えば、皆さんのプライベートは心地のよいものでしょうか。

 

夫は妻と、妻は夫と、「何となく気持ちが通い合わない」と感じていたり、思春期の子どもとの関係がぎくしゃくしたりと、悩みを抱えている方もいるのではないかと思います。

 

そんなとき、始めるべきはやはり実験です。

 

子どもとの関係がよくないなら、「こうしたらよくなるかもしれない」と思うことを、一つずつ試してみましょう。

 

声をかけて話を聞いてみる、何でもいいから褒めてみる、おいしいものを食べに行く、子どもが欲しがっているものを買うなど、いろいろ試すうちに、どれかで突破口が開けるかもしれません。

 

「突然そんなことをしたら、変に思われないか?」と心配でしょうか。そう、変に思われる可能性はあります。しかしそれでいいのです。

 

「こう思われるかもしれない」と思って働きかけをやめてしまえば、関係性は変わらないし、子どもが何を考えているかもわからないままです。

 

家族に限らず、友人知人とのコミュニケーションも同じです。すべて実験だと思えば、やってみようと思えるでしょう。もし実験が失敗して相手が機嫌を損ねたら、そのときは謝ればいいのです。

 

ただし、失敗したときのフォローもきちんと用意しておきましょう。相手の欠点を指摘したり、相手を知りたいがゆえに相手が触れてほしくない質問をしたり、相手にとって荷の重い頼み事をしたり、といった実験は、相手が機嫌を損ねる可能性が高くなります。

 

「あなたを思うがゆえのことだ」というようにきちんと説明する、自分のほうも自己開示する、自分も相手に役立つ何かをするなど、誠実に対応しましょう。

 

人間相手の実験は、相手の感情を考えて行わなくてはなりません。そこで気を使って何もしないのではなく、ソリューションまで考えたうえで、行動に移すことが大切です。

あなたにオススメのセミナー

    ルネクリニック東京院 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    連載『50歳からの「脳のトリセツ」 定年後が楽しくなる! 老いない習慣』

    50歳からの「脳のトリセツ」 定年後が楽しくなる! 老いない習慣

    50歳からの「脳のトリセツ」 定年後が楽しくなる! 老いない習慣

    和田 秀樹

    PHP研究所

    脳の老化は「前頭葉」から始まり、 前頭葉が老化すると、脳全体が老化する。 ベストセラー著者が、前頭葉が衰えない習慣を指南! 前頭葉は意欲をつかさどる部位。 意欲が衰えると、頭を使わなくなるので、脳全体が衰えて…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ