なぜエジソンは大風呂敷を広げた大ウソをついても平気だったか (※画像はイメージです/PIXTA)

電球を売るためにニューヨークの街に2000球を一斉に灯すというお祭り騒ぎを演出し、エジソンはまんまと人々の期待感を煽り、話題を独占しました。研究資金を獲得するためには手段を選ばない型破りの行動をとったといいます。※本連載は精神科医である和田秀樹氏の著書『孤独と上手につきあう9つの習慣』(大和書房)から一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】精神科医として伝えたい…「孤独でいること」の驚くべき効果

研究資金を獲得するためには手段を選ばない

■なぜ「型破り」の行動ができるのか?

 

エジソンは他者からどう思われるかということについては、相当、無頓着な人間でした。

 

エジソンが白熱電球を開発していたときのこと。当時のアメリカはまだアルコールランプやガス灯の時代で、火災が相次ぐため、電気に大きな期待が寄せられていました。

 

すでにいくつかの電球が開発されてはいたのですが、それらには大きな問題がありました。フィラメントがプラチナ製で、点灯すると高熱になるため、すぐに燃え尽きてしまうのです。これでは発光時間が短すぎるうえ、コストが嵩んで実用化ができません。

 

エジソンもこのフィラメントの改良に乗り出していたのですが、普及させられるほどのレベルのものはなかなか作り出せませんでした。マニラの麻、ブラジルの繊維、段ボールやティッシュペーパーにヤシの葉……考えつくありとあらゆるものを試しては、失敗を重ねていました。

 

そんなある日のこと。まだ研究の道半ばであるエジソンは、マスコミ連中を集めてこう言い放ったそうです。

 

「私はこれまでいかなる科学者も思いつかなかった方法で電灯を作った。私が目的を達成した方法を知れば、みんな“どうしてそれを考えなかったのか”と首をひねるだろう」

 

もちろん、大ウソです。多少の進歩はあったものの、まだまだ実用化にはほど遠いレベルでした。これで実用化ができなければ、単なるほら吹きとして糾弾されていたでしょう。

 

こんなふうに大風呂敷を広げた背景には、世間の期待感を高めて研究資金を獲得するという思惑もあったようです。思惑のためには手段を選ばない、人からどう思われようが知ったことではないというエジソンの一面が、ここにはあらわれています。

 

その後、フィラメントに日本の竹を使うことを考案し、電球の発光時間を延ばすことに見事成功。なんとか実用化に漕ぎつけ、さすがのエジソンも胸をなで下ろしたのではないでしょうか。

 

すると、今度は電球を売るためにニューヨークの街に2000球を一斉に灯すというお祭り騒ぎを演出し、街は大騒ぎ、エジソンはまんまと人々の期待感を煽り、話題性を獲得しました。

 

こうしたやり方がいいかどうかはさておいて、孤独に打ち克ってきた人は、それまでの常識をためらいなく打破し、自分の信じた道を突き進むという強さを手にします。

 

そうした強さは、自分の絶対的な味方になってくれる存在がいてはじめて発揮されるものなのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。主な著書に『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方』(講談社)、『孤独と上手につきあう9つの習慣』(だいわ文庫)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)などがある。

著者紹介

連載精神科医が教える「孤独」と上手につきあう作法

孤独と上手につきあう9つの習慣

孤独と上手につきあう9つの習慣

和田 秀樹

大和書房

人間はそれほどストレス耐性の強い生きものではないという。 孤独や疎外感がいかに人を生きにくくさせているか、ストレスの原因になっているか。実際、病気にはなっていないけれども自分の居場所で安心してくつろげないという…

公立・私立中堅校から東大に入る本

公立・私立中堅校から東大に入る本

和田 秀樹

大和書房

教育書を多数執筆し、多くがベストセラーになっている実績をもつ和田秀樹氏の渾身の書。 2020年の入試改革への備えにもふれ、具体的なノウハウを数多く入れた。 いわゆる「地頭のいい子」でなくとも、東大を目指せる、合…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ