著者紹介

菅下 清廣

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長
学校法人立命館 顧問
近畿大学世界経済研究所 客員教授

投資家、ストラテジスト(投資戦略家)。

ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と言い当ててきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」との異名も持つ。経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。

著書に、ベストセラーとなっている『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』(PHP研究所)、『最速で最大の結果を出す! 2022年版投資家が選ぶ「成長株」50銘柄』(KADOKAWA)、『史上最大のスーパーバブル相場で「大化け株」をつかみなさい』(徳間書店)、最新刊の『株は波動が9割』(実務教育出版)など多数。

スガシタレポートオンライン | 無料メールマガジン
菅下清廣の国内外のマーケットの大局観、株式投資で成功するための考え方、菅下の新刊情報やサービス、最新の活動報告などを配信。

書籍

史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え!

『史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え! 』

菅下 清廣

いよいよデフレが終わり、2023~2025年のゴールデン・サイクルの波に乗って日本は資産インフレで空前の好景気を迎える 日本の大復活する株30銘柄を紹介 アメリカのニューヨークダウは、2022年4月から5月にかけて8週連続で値を下げ、大恐慌以来の暴落となった。アメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は、8%を超えてきたインフレを抑制するために、金融緩和を縮小(テーパリング)したうえで、さらに利上げを急ピッチで進めている。このため株式市場が不安定化しているのだ。 しかし、日本株はアメリカとはまったく事情が異なる。日本は過去30年以上、デフレが続いてきたからだ。ここにきてコロナ禍やウクライナ戦争による供給不足に加え、円安が進んで日本でもインフレが進行。いよいよ日本もデフレを脱却しつつある。 となれば、デフレ時代にためにためてきた個人の金融資産1000兆円がこれから動き出す。これだけ巨額の資金が資産市場に投入されれば、資産価格の暴騰は間違いない。とりわけ株価は敏感に資産インフレ時代に反応するだろう。 日経平均株価は1989年の最高値3万8915円をいずれ抜いて、さらに上を目指す。いよいよ資産インフレで日本株が復活してくる。 しかも日本は2023~2025年にかけて景気循環の4つの波が同時に上昇するゴールデン・サイクルに入る。そうなれば、「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」の再来も夢ではない。これからやってくる資産インフレ相場で大復活する日本株30銘柄も紹介。

書籍紹介

資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!番外編 株は波動が9割

『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!番外編 株は波動が9割』

菅下 清廣

大金を失う投資家もいる一方で、資産倍増、3倍増に成功する投資家もいる。いったいこの差は何なのか。それは「先読みができる人とできない人の差」である。暴落、暴騰でも慌てない。リスクを避け、確かな売買タイミングを見極める。本書は、波乱相場でも勝てる投資家になるための、スガシタ式波動理論の基礎から応用まで、その奥義を、具体的な銘柄のチャートと2色図解でわかりやすく解説する。

書籍紹介

仮想通貨 爆速で「億り人」になる最強投資戦略

『仮想通貨 爆速で「億り人」になる最強投資戦略』

菅下 清廣

2018年、仮想通貨市場は創成期から成年期へ。世界の仕組みを根本から変えるデジタルコイン革命の波に乗れ! 2017年、波動理論&チャート解析によるビットコイン投資で16勝3敗。「大きく儲ける」ための実践的な投資戦略(現物、信用取引、FX)を、「経済の千里眼」が徹底解説する。

書籍紹介

マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方

『マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方』

菅下 清廣

与党の大勝、NYダウの史上最高値更新、21年ぶりの日経平均2万2000円突破。 予測をことごとく的中させてきた「経済の千里眼」が、資産を10倍にするための投資力の鍛え方、2018年の勝負どころを徹底解説する。

書籍紹介

2019年までに 株でお金持ちになりなさい

『2019年までに 株でお金持ちになりなさい』

菅下 清廣

トランプ大統領当選の日からトランプ相場が始まった。NYダウは2万ドルを遥かに超えて史上最高値を更新。ニューヨーク株に牽引されて日本市場も2万円台を超えてきた。日経平均の次の目標はなんと20年も前の1996年につけた2万2000円。波動から見れば2019年に向けて日経平均は2万7000円を目指す。暴騰もあれば暴落もあるトランプ相場は下がったら買いが鉄則。この2年続く株式投資の最後のチャンスをつかむ投資法を指南。

書籍紹介

世界マネーが狙う 「大化け日本株」

『世界マネーが狙う 「大化け日本株」』

菅下 清廣

2017年波乱相場の「大化け株」を分析 ウォールストリートで活躍し、「経済の千里眼」の異名をとる著者による相場予測と銘柄分析の2017年版。 アメリカのトランプ政権誕生は波乱相場の到来を予感させるが、「千里眼」は、当面の間は大規模な減税と財政出動の効果で「トランプ相場」が続くと読んでいる。日本市場はこれに引っ張られる形で大相場になる可能性がある。アメリカの景気と日米金利差によって為替相場は円安で推移し、世界の投資マネーが日本買いに動き出す。 著者が得意とする相場の「波動分析」により、日経平均は2015~2016年の停滞から脱し、「倍返しの法則」で急伸するシナリオも。2万円の大台どころか、バブル崩壊後最大の天井である2万7000円が視野に入っているという。 日本株の投資対象は、安倍政権が掲げる「第4次産業革命」の関連企業を中心に据える。AI、ビッグデータ、ロボットに強みを持つテクノロジー企業はじめ、意外な関連銘柄も細かくピックアップして紹介する。「観光立国」銘柄にも注目。

書籍紹介

第4次産業革命で 一人勝ちする日本株

『第4次産業革命で 一人勝ちする日本株 』

菅下 清廣

好評の『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい』シリーズ第3弾! トランプ・ショックは千載一遇のチャンス到来か⁉︎ トリプルトップをつけたNYダウ。トランプ大統領誕生で先行き不明の金融市場。低迷するユーロ。バブル崩壊の足音が聞こえる中国。 世界経済が長期停滞時代に突入する中、それでも日本が一人勝ちする理由とは? 「安全型」「一発勝負型」「ハイリスク・ハイリターン型」…。 世界情勢と国内情勢を読み解き、独自の波動理論で選りすぐった厳選爆騰48銘柄を、経済の千里眼・菅下清廣が完全解説する。

書籍紹介

一生お金に困らない子どもを育てる45のルール

『一生お金に困らない子どもを育てる45のルール』

菅下 清廣

老後破産、下流老人などの言葉が身近になった昨今。子どもにお金の苦労をさせたくない!そう思ったら、できることはたくさんあります。 本書では、「経済の千里眼」の異名をもつプロ投資家が、学校では教えてくれない「お金の話」からお小遣いの与え方、親子で始める投資まで、幅広く具体的に解説。投資の経験がない人でも、心がまえから実践までサポートするので安心して取り組めます。 「子どもには、英語よりもまずお金の教養を見つけなさい」「スタートはネット証券で少額から」「投資先を読む目は、就職先を読む目も養う」「銀行、REIT、ETF…失敗しない投資チェックリスト、株主優待銘柄リストつき! 」

書籍紹介

株とチャートでお金持ちになる!

『株とチャートでお金持ちになる!』

菅下 清廣

「富のスペシャリスト」「経済の千里眼」とも尊称され、抜群の信頼と人気を誇る国際金融コンサルタントの菅下清廣氏。 そんな菅下氏が、満を持して放つ、すべての投資家に贈る、絶対失敗しない投資術の極意をついに解禁。暴騰時も、暴落時も、ボックス相場の先の見えない相場でも、いついかなる時でも失敗しないチャートの読み方と投資のタイミングを、本書で初公開! 目先の情報に踊らされず、本気で資産を増やしたい人必読の、スガシタ流チャート解読のバイブル誕生!

書籍紹介

一生お金に困らない「未来予測」の技術

『一生お金に困らない「未来予測」の技術』

菅下 清廣

当然のことながら、明日何が起こるかを見通すことができれば、誰しも成功できる可能性は飛躍的に上がる。 本書では、「経済の千里眼」の異名をもつ国際金融コンサルタント・投資家の菅下氏に、先行き不透明な時代で先を読む奥義を開陳していただいた。とくにこれから10年、日本は東京オリンピックを経て、さらにその先の未来へと漕ぎ出してゆく重要な局面を迎える。この10年間、経済そして世の中の動向を見通す力を養うことができれば、一生お金に困ることはないだろう。いまからでもじゅうぶん間に合う、未来予測の勉強を始めよう!

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ