テスラ株とビットコインの動向から紐解くマネーバブル相場 (※写真はイメージです/PIXTA)

グロース株が上がり続けているなか、マネーバブル相場はいつまで続くのでしょうか? テスラ株とビットコインの動向を指標にすることでバブル崩壊の時期がわかると、ストラテジストの菅下清廣氏はいいます。データから紐解いていきましょう。

マネーバブルが崩壊しようとしている

グロース株がもてはやされていた時代の第1幕が終わりつつあります。しかし、バブルが崩壊するかというと、それはまだわからない。ただ、GAFAやMAGAなどのグロース株が上がりすぎているのは確かです。今回のバブル相場を牽引してきたのはだれか。上げ相場では必ず絶対王者の主役がいます。リーディングストック、牽引銘柄と言われるものです。

 

例えば、アップルやマイクロソフトの株価時価総額は2兆ドルを超えている。つい1年前には1兆ドルくらいだったのが、もう2兆ドル。アップルは3兆ドルを超えてきた。3兆ドルというと、ヨーロッパの大国であるイギリスやフランスのGDPレベルです。いまウクライナ戦争をしているロシアの2倍です。

 

日本のGDPは5兆ドルですから、日本国のGDPとアップルとマイクロソフトの2社の時価総額がほとんど同じというのはおかしい。たぶん過大評価されている。当面のピークだといっていいでしょう。

 

その中でもこの2年間で1番値上がりした株はどれかといえば、テスラです。あのトヨタ自動車を吹き飛ばす勢いです。トヨタはもうすでに株式の時価総額でテスラにはるかに及ばなくなっている。それどころか、テスラの株価時価総額は、一時日本の自動車会社を全部合わせたより大きかったくらいです。

 

このテスラの株価が指標です。これが上がり続けている間は、まだマネーバブル相場、ハイテク相場は続く。しかし、そのテスラの株価もついに天井をつけて下落局面に入っています。マネーバブルの宴が終わろうとしています。

 

もう1つ、この大金融緩和で上がったのが仮想通貨。私の大局観は、マネーバブル相場が続く限り、テスラとビットコインは上がると見ます。逆に言うと、これらが天井をつけたら終わりです。ビットコインも下がり続けています。

 

【※2月1日・3日 開催セミナー】
【中東大手ディベロッパー来日】
前年取引高76%上昇!1スクエアフィートあたり28%上昇!
世界が注目する「ドバイ不動産」最新動向

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長
学校法人立命館 顧問
近畿大学世界経済研究所 客員教授

投資家、ストラテジスト(投資戦略家)。

ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と言い当ててきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」との異名も持つ。経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。

著書に、ベストセラーとなっている『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』(PHP研究所)、『最速で最大の結果を出す! 2022年版投資家が選ぶ「成長株」50銘柄』(KADOKAWA)、『史上最大のスーパーバブル相場で「大化け株」をつかみなさい』(徳間書店)、最新刊の『株は波動が9割』(実務教育出版)など多数。

スガシタレポートオンライン | 無料メールマガジン
菅下清廣の国内外のマーケットの大局観、株式投資で成功するための考え方、菅下の新刊情報やサービス、最新の活動報告などを配信。

著者紹介

連載「経済の千里眼」を持つストラテジストが大予想…今後の日本経済のゆくえ

本記事は、菅下清氏の著書『史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え! 大円安・インフレで1000兆円が動き出す』(徳間書店)から一部を抜粋し、再編集したものです。

史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え!

史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え!

菅下 清廣

徳間書店

いよいよデフレが終わり、2023~2025年のゴールデン・サイクルの波に乗って日本は資産インフレで空前の好景気を迎える 日本の大復活する株30銘柄を紹介 アメリカのニューヨークダウは、2022年4月から5月にかけて8週連続で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ