退位特例法、東京オリンピックは「日本株」にどう影響するか?

今回は、退位特例法、東京オリンピック等のイベントから「日本株」の展望を探ります。※本連載は、「富のスペシャリスト」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『2019年までに株でお金持ちになりなさい』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、2019年にかけての株式相場の見通しをお伝えします。

元号の変更による印刷物の刷新が景気を刺激!?

2017年の年央は、都議選をはさんでもみ合って2万円台を回復、波動から見て、6月、7月にも2015年6月の高値2万0868円に接近する、もしくは突破するかもしれません。いまの時点では、いよいよ年後半はさらに株高、円安に転換する可能性が高いと思っています。さらに2018年は、元号が変わります。

 

昨年2016年8月8日に、天皇陛下が退位の意向をにじませたお気持ちを表明されたことから、安倍政権は天皇陛下の退位を実現するための、いわゆる「退位特例法」を成立させました。この特例法を受けて、2018年には、元号が平成から変わることになりそうです。

 

そうなるとカレンダーを始め書類、印刷物のすべてが刷新される。これがまた景気が良くなる要因になる。

 

新聞も雑誌も表示が西暦だけになる予定です。いまは2017年、平成29年と併記されていますが、それがなくなって2017年という西暦だけにする。すべてのものが刷新される。だから、日本の景気が良くなる。もしかすると、2018年は日本の政治、経済の刷新の年となるかもしれません。

後継者のない安倍首相…政権移行期は情勢不安定に

東京オリンピックが開催されるのは2020年ですが、その前年に株価が、天井を打つ可能性もある。2019年ぐらいに天井を打って、2020年はまだ余韻が残っていて、2021年ぐらいに最後の売り時となるというのが時のサイクル、相場の波動からの読みです。

 

安倍首相の任期は、来年再選されれば、3期9年で2021年まで総理総裁を務めると見られている。安倍首相から次の政権への移行期は、政治、経済の両面で一時的にでも、非常に不安定になると予想できます。

 

いまのところ、安倍首相の後継者はだれもいません。2021年になって、有望な人材が出てこなければ、日本は政治的にも、経済的にも非常に動揺する。国際情勢はますます不透明、流動化することになるでしょう。だから、まずは、2019年までに読者の皆さんに、株で、お金持ちになって欲しいのです。

あなたにオススメのセミナー

    スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長
    学校法人立命館 顧問
    近畿大学世界経済研究所 客員教授

    投資家、ストラテジスト(投資戦略家)。

    ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と言い当ててきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」との異名も持つ。経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。

    著書に、ベストセラーとなっている『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』(PHP研究所)、『最速で最大の結果を出す! 2022年版投資家が選ぶ「成長株」50銘柄』(KADOKAWA)、『史上最大のスーパーバブル相場で「大化け株」をつかみなさい』(徳間書店)、最新刊の『株は波動が9割』(実務教育出版)など多数。

    スガシタレポートオンライン | 無料メールマガジン
    菅下清廣の国内外のマーケットの大局観、株式投資で成功するための考え方、菅下の新刊情報やサービス、最新の活動報告などを配信。

    著者紹介

    連載スガシタ流波動理論――2019年までに起こる株の「バブル相場」

    2019年までに 株でお金持ちになりなさい

    2019年までに 株でお金持ちになりなさい

    菅下 清廣

    徳間書店

    トランプ大統領当選の日からトランプ相場が始まった。NYダウは2万ドルを遥かに超えて史上最高値を更新。ニューヨーク株に牽引されて日本市場も2万円台を超えてきた。日経平均の次の目標はなんと20年も前の1996年につけた2万200…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ