「富の格差」がもたらす、紛争リスク・市場混乱リスクの問題

今回は、「富の格差」がもたらす、紛争リスク・市場混乱リスクの問題を見ていきます。※本連載は、「富のスペシャリスト」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『マネーバブルで勝負をする「10倍株の見つけ方」』(実務教育出版)の中から一部を抜粋し、現在の国際情勢とあわせて相場の流れについて解説します。

貧困が広がる一方、超富裕層の冨の占有率は増加

北朝鮮とアメリカの対立も例外ではありません。北朝鮮の根本的な問題も貧困です。

 

イスラム諸国、アフリカ、中南米、アジアの一部も同じく貧困の坩堝(るつぼ)と化しています。平和で富裕な日本にいるとなかなか実感できませんが、想像を絶する貧困が世界各地に広がっているのです。

 

国民がひと月10ドル、あるいは100ドル以内で暮らしている国が、実はいっぱいあります。身近な例では、あの軍事大国ロシアの平均的な月収は300ドル(3万4500円・1ドル115円換算)です。月3万円から4万円で生活するのは大変です。一向に改善される見通しもありません。むしろ悪化しつつあります。貧困が伝染病のように拡大しつつある。

 

この富の格差こそが、深刻な問題を生んでいるのです。

 

世界で超富裕層と呼ばれている人々は、およそ世界の成人人口の0.7%。100万ドル以上の金融資産を持っている人たちです。

 

この0.7%未満の人たちが、世界の富の46%を占めているという統計(図表2)が、最新のデータとして2016年末に発表されました。富の占有のパーセンテージは今もなお止まることなく増加し続けています。

 

[図表1]2015年~2016年の総資産の変動

©James Davies, Rodrigo Lluberas and Anthony Shorrocks, Credit Suisse Global Wealth Databook 2016
©James Davies, Rodrigo Lluberas and Anthony Shorrocks, Credit Suisse Global Wealth Databook 2016

 

[図表2]世界の冨のピラミッド

©James Davies, Rodrigo Lluberas and Anthony Shorrocks, Credit Suisse Global Wealth Databook 2016
©James Davies, Rodrigo Lluberas and Anthony Shorrocks, Credit Suisse Global Wealth Databook 2016

極端な冨の偏在が、市場の波乱・相場の波乱の根本要因

世界の富裕層、つまり世界人口の5%未満の富裕層が、世界の富の50%以上を占めるのも、もうそんなに先のことではありません。ここ数年で起きると予測する専門家たちもいます。3年後の2020年にはそうなるというデータもあります。

 

また、世界の超大富豪上位8人の資産が、下位半分の36億人の富に相当するという驚くべき調査結果も公表されました(国際NGO オックスファム)。

 

このような極端な富の偏在が、世界の紛争と対立、経済でいえば市場の波乱、相場の波乱の根本要因であるといっても過言ではないのです。

 

今後もますます富の格差は広がっていくでしょう。そしてますます富める者と貧しい者との対立が先鋭化していくことは避けられない。富の格差がまた別の新たな対立を生み、新たな紛争を引き起こすのです。例えば、中国企業でアリババという会社があります。

 

オンライン取引などのプラットフォームサービス会社ですが、短期間で時価総額44兆円という企業に成長しました。一方で、中国ではまだひと月100ドルで暮らしている人たちがたくさんいるのです。これが大きな富の格差の一例です。

 

この格差は早晩、怒り、憎しみの感情を増幅させて、富める中国共産党支配層に対しクーデターが起きてもおかしくない状況を生んでいます。そういう背景もあって、現在、インターネットを中心に中国共産党による国民の監視は日増しに激しくなっているのです。

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

国際金融コンサルタント、投資家、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。
ウォール街での経験を生かした独自の着眼点、オリジナルの「波動理論」でイベント・相場を先読みし、 日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」の異名も持つ。
経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
著書に『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)、 『新しいお金の流れに乗りなさい』(徳間書店)、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』(実務教育出版)など多数。

スガシタレポートオンライン | 無料メールマガジン

菅下清廣の国内外のマーケットの大局観、株式投資で成功するための考え方、菅下の新刊情報やサービス、最新の活動報告などを配信。

菅下清廣『ゼロから富をつくる技術』 | 有料音声配信サービス

2019年12月まで無料配信中。2020年1月から有料サービスとなります。株式投資初心者・初級者の方が身につけるべき金融経済のリテラシー(教養)を身につけるための有料音声サービス

著者紹介

連載2018年上半期版・経済の千里眼が読み解く「マネーバブル時代」の真実

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、実務教育出版、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方

マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方

菅下 清廣

実務教育出版

与党の大勝、NYダウの史上最高値更新、21年ぶりの日経平均2万2000円突破。 予測をことごとく的中させてきた「経済の千里眼」が、資産を10倍にするための投資力の鍛え方、2018年の勝負どころを徹底解説する。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ