▲トップへ戻る
広がる富の格差…金融市場「波乱」の現況とは?

本連載は、「富のスペシャリスト」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『マネーバブルで勝負をする「10倍株の見つけ方」』(実務教育出版)の中から一部を抜粋し、いま世界経済が直面している「マネーバブル時代」について解説します。

トランプ大統領に対する評価が定まるまでは「波乱」

昨年11月のアメリカ大統領選挙の後から、国際情勢はめまぐるしく変化し続けています。

 

1ヵ月先でさえ予測できない五里霧中の状況下で、金融市場にはかつてない不透明感が漂っています。それはなぜか。

 

米国トランプ大統領に対する評価が、まっ二つに分かれているからです。多くの人々がトランプ氏には大統領の資質、資格はない。4年の任期はもたないだろうと批判しています。その一方で世界のマーケットとウォール街は歓迎しています。2016年11月のトランプ大統領誕生以来、ほぼ世界同時株高です。

 

米国景気はもちろん日本、欧州、そして中国、新興国などの景気も良くなっています。トランプ大統領で世界は良くなるのか悪くなるのか見方が大きく分かれているのです。

 

こうした状況もあって、日本の株式市場は、弱気と強気が入り乱れています。トランプ大統領に対する評価が定まるまでは、ずばり「波乱」です。

 

一方、世界情勢も株式相場も波乱の様相を呈している中で、問題は、この波乱相場をどう見るかです。その視点が最も重要なのです。そこで私が自らの人脈と情報網、独自の波動理論と長年培ってきた投資家としてのノウハウを総動員して分析した結果を、本書で明らかにしたいと思います。

 

「明日は何が起こるか分からない」

 

というのが、昨今多くの人が抱いている正直な相場観です。人間でいえば波乱の人生の
幕開け。日本の市場もその渦中に巻き込まれて波乱含みです。

 

本書の「はじめに」でも触れましたが、私は2016年11月のスガシタボイス会員向けの講演会で「トランプ大統領誕生で日米の株価は陽転した、今後日米の株価は上昇する」と明言しました。つまり、その時から世の中が大きく変化したのです。

 

私は、前書(『トランプ・バブルの大波に乗れ!』)でトランプ大統領の新経済政策で未曾有の好況が到来する、と分析しました。日米の同時株高の到来は、波乱の時代でもあります。なぜなら、ますます富の格差が広がるからです。

「欧米諸国対イスラム国の対立」のベースにあるのは…

富の格差がますます拡大しつつある。これが波乱の一番の元凶です。その一点に尽きるといってもいいかもしれません。富の格差拡大は世界的な現象です。今後ますます深刻な状態になるでしょう。この流れはトランプ大統領の政策によってさらに加速されそうです。

 

トランプタワーは富の格差の象徴(シンボル)です。そして米国繁栄の象徴となるでしょう。そしてこの米国第一主義による繁栄の一方で、その恩恵に浴しない人々や国々はさらに貧困化してゆくのです。これこそが世界経済の混乱、政治の混乱、あるいは地政学リスクの主因にもなっているのです。

 

欧米諸国対イスラム国の対立を見てみましょう。

 

ベースには富の格差があることを明らかです。一言でいえば、富裕対貧困の戦いです。

 

過去の歴史をひも解けば、貧困で明日食べるものがない者たちは、隣の国やコミュニティを攻めて略奪してきました。ところが今は平和思想の浸透、情報のインフラなどで戦争を起こしにくい状況にあります。すると貧困側としては、食べるものがないという死活問題の中で困窮を余儀なくされる。つまるところ、その状態の放置がテロと結びついていくようになるのです。そのために今、世界情勢は未曾有の不安定な状況にあります。

 

イギリスのロンドン、フランスのパリ、ドイツのハンブルグ、スペインのバルセロナなど、強固な警備体制をもつヨーロッパの主要都市、観光都市でのテロが当たり前に起こるようになり、世界に恐怖を拡散させています。

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

国際金融コンサルタント、投資家、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。
ウォール街での経験を生かした独自の着眼点、オリジナルの「波動理論」でイベント・相場を先読みし、 日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」の異名も持つ。
経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
著書に『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)、 『新しいお金の流れに乗りなさい』(徳間書店)、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』(実務教育出版)など多数。

著者紹介

連載2018年上半期版・経済の千里眼が読み解く「マネーバブル時代」の真実

 

 

マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方

マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方

菅下 清廣

実務教育出版

与党の大勝、NYダウの史上最高値更新、21年ぶりの日経平均2万2000円突破。 予測をことごとく的中させてきた「経済の千里眼」が、資産を10倍にするための投資力の鍛え方、2018年の勝負どころを徹底解説する。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧