巨大なバブル相場になる可能性も!? トランプ相場の展望

今回は、巨大なバブルになる可能性も考えられる、トランプ相場の展望を見ていきます。※本連載は、「富のスペシャリスト」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『2019年までに株でお金持ちになりなさい』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、2019年にかけての株式相場の見通しをお伝えします。

2019〜2020年がアメリカ株の「ピーク」に!?

これからアメリカの景気は良くなる。その理想買い相場がいま続いている。今後、トランプの言っている政策の半分でも現実になると現実買い相場、つまり、業績相場に移ってゆくでしょう。

 

トランプ相場はこの先、1990年代の日本のバブルと同じような巨大なバブル相場になる可能性を秘めています。

 

日本のバブルは1982年から7年上げて1990年にピークを迎えました。日経平均株価は1989年末に最高値の3万8915円をつけた。このときの日本と同じパターンが、アメリカ市場で起きるかもしれないと私は思っています。

 

トランプ大動乱相場の最後は、アメリカ大バブル相場で終わるというのが、いまの私の大局観です。

 

そのアメリカ大バブル相場は、長期の波動でいうと2009年3月9日が出発点です。リーマンショックの翌年に記録した7000ドル割れの最安値です。リーマンショックを織り込んだ安値です。

 

それから約7年の波動で実際に2015年に、1万8000ドルで最初の天井をつけている。その後調整を入れて、いまトランプ相場で、ニューヨーク・ダウは2万1000ドルを超えて、最高値を更新し続けている。アメリカ株は3倍にも上がっています。

 

2016年11月から始まった今回のトランプ相場は、2020年ぐらいまでにバブル相場になる可能性が高いと私は見ています。おそらく2019年〜2020年がアメリカ株のピークになるでしょう。

雇用拡大による賃金上昇が、日本経済を「底上げ」

では、日本経済の足元はどうなっているか。アベノミクスの生みの親とも言われている山本幸三地方創生大臣に「2017年はどんな年になるか」と質問したことがあります。

 

山本大臣は「アベノミクスが開花する年だ」と即答しました。なぜかというと、アベノミクスのこの3年間で、日本経済で一番良くなったのは雇用だからです。2017年は、雇用が一層拡大するというわけです。

 

日本の失業率は2.8%(2017年4月、総務省統計局)で、ほぼ完全雇用です。有効求人倍率も、1.48倍(2017年4月、厚生労働省)となっていて、1990年3月に記録したバブル期の最高値である1.46倍を上回るまでになっています。

 

これらの数字からも、日本経済が人手不足になってきているのは明らかです。とくにサービス産業、中小企業では労働力不足が深刻な問題になりつつある。労働力が不足してくると、当然賃金が上がります。

 

大企業には毎年、有能な大学生が入ってきます。しかし、中小企業やサービス産業には人が集まらない。このため、中小企業やサービス産業、地方の零細企業の給料、賃金が上昇してきている。だから、日本経済が底上げされてきているのです。

あなたにオススメのセミナー

    スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

    投資家、ストラテジスト(投資戦略家)、学校法人立命館顧問、近畿大学世界経済研究所客員教授。
    ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と言い当ててきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」との異名も持つ。経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
    著書に、ベストセラーとなっている『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』(PHP 研究所)、『2021 年まで待ちなさい!』、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』シリーズ、『株とチャートでお金持ちになる!』、『コロナバブルの衝撃!』、『ジャパン・アズ・ナンバーワン ふたたび』(以上実務教育出版)など多数がある。

    スガシタレポートオンライン | 無料メールマガジン
    菅下清廣の国内外のマーケットの大局観、株式投資で成功するための考え方、菅下の新刊情報やサービス、最新の活動報告などを配信。

    著者紹介

    連載スガシタ流波動理論――2019年までに起こる株の「バブル相場」

    2019年までに 株でお金持ちになりなさい

    2019年までに 株でお金持ちになりなさい

    菅下 清廣

    徳間書店

    トランプ大統領当選の日からトランプ相場が始まった。NYダウは2万ドルを遥かに超えて史上最高値を更新。ニューヨーク株に牽引されて日本市場も2万円台を超えてきた。日経平均の次の目標はなんと20年も前の1996年につけた2万200…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ