著者紹介

林 知之

投資顧問会社 林投資研究所

代表取締役

1963年生まれ。幼少のころより投資・相場の世界に慣れ親しみ、株式投資の実践で成果を上げながら、独自の投資哲学を築き上げた。

中源線建玉法、FAI投資法を中心に、個人投資家へのアドバイスを行っている。また、投資助言、投資家向けセミナー等を精力的に行うかたわら、投資情報番組「マーケット・スクランブル」のコメンテーターも務めている。林投資研究所の創設者である故・林輝太郎は実父。

【林投資研究所YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCdRYlOYZg1Z0LTQ5SbVYQnw
⇒過去の生放送(マーケット・スクランブル)や、正しいプロの考え方を学ぶ短時間動画を続々公開!

【主な著書】
『うねり取り株式投資法基本と実践』
『東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術』
『プロが教える株式投資の基礎知識新常識』
(以上、マイルストーンズ刊)

『【徹底解説】FAI投資法完全ルールブック』(林投資研究所刊)

書籍

プロが教える株式投資 中源線建玉法 基本と応用

『プロが教える株式投資 中源線建玉法 基本と応用』

林 知之

トレンドの変化点を的確に判定! 「中源線」を使って安定的に利益を出すための技術を紹介。 「中源線建玉法」の戦略を一言でいうと、「逆張りの順張り」。上げ相場から下げ相場、下げ相場から上げ相場へと変化する"変化点"(転換点)を捉え、ドテン売買で利益を出すシステムです。 また、期待以上に大きなトレンドが生まれたときも、相場が反転するまでポジションを持ち続けるので、ガッツリと値幅を取ることができます。 中源線は、ひとつのロジック(判断基準)で「うねり」に対応すると同時に「大きなトレンド」も取りにいく、他に類を見ない売買手法です。 中源線の基本ロジックを図でわかりやすく解説するだけでなく、銘柄選別やエントリーのタイミング、裁量の入れ方やアレンジについても深く言及。 すでに中源線を実践している人には大きな助けとして、中源線を利用しない人にとっても投資のヒントが満載の一冊です。

書籍紹介

東証1部24銘柄でらくらく2倍の 低位株選別投資術

『東証1部24銘柄でらくらく2倍の 低位株選別投資術』

林 知之

株式投資するからには10億くらい稼ぎたい! かつて実践者の過半数を億トレーダーに導いた驚異の投資法がついにベールを脱ぐ! 株は「正しい手法」を学べば儲かる! 初心者でも確実に模倣(まね)できるほったらかし投資の技術を教えます。

書籍紹介

億トレⅢ プロ投資家のアタマの中

『億トレⅢ プロ投資家のアタマの中』

林 知之

コントロール不能の相場を相手に、投資のプロたちは「何を見て、何を学んだ」のか、「何を考え、どう行動した」のか、そして「何にこだわり、何を捨てた」のか―― 6年に及ぶ長期取材を経て、今だからこそ伝えたいマーケットの真実、相場で稼ぐための掟(オキテ)を解き明かす。 本書は、日本版マーケットの魔術師=『億を稼ぐトレーダーたち』の”集大成”だ。

書籍紹介

凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ

『凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ』

林 知之

相場で生き抜くための知恵と戦術。ほんとうに相場で生計を立てている人のホンネ、表舞台にあまり顔を出さないスゴ腕ディーラーたちの相場哲学を凝縮した「珠玉」のインタビュー集。

書籍紹介

プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践

『プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践』

林 知之

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場師が好んで利用している。この「うねり取り」による売買法を基本から実践まで、幅広く、丁寧にわかりやすく解説したのが本著である。また、「うねり取り」を実現するための機械的売買手法である「中源線建玉法」の基本ルールや実践上の注意点についても言及。「うねり取り」を実践しようという投資家にとって、バイブルとなる一冊。

書籍紹介

掲載記事

[連載]プロの分析思考に学ぶ―「うねり取り」株式投資の実践法

[連載]上がり目の銘柄を狙い打つ! 「低位株選別投資」で勝つための29のルール

[連載]プロが教える株式投資~「中源線建玉法」のキホン

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ