▲トップへ戻る
凄腕トレーダーが語る「定点観測」「予習復習」の重要性

今回は、凄腕トレーダーに「定点観測」「予習復習」の重要性などについて聞いていきます。※本連載では、投資顧問会社「林投資研究所」代表取締役 林知之氏の著書『凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ』(マイルストーンズ)から一部を抜粋し、普段は表舞台にあまり出ることがない凄腕ディーラーたちに林知之氏が直接インタビューして聞き出した、株式投資で勝つためのリアルな「相場哲学」を紹介します。

売買は毎日同じことの繰り返しだが・・・

(本インタビューは前回からの続きです)

 

かんぽ時代の話は実に派手な感じだが、資金量にものを言わせて強引に買いあさっていたわけではない。証券会社の担当者を儲けさせることで、困ったときに助けてもらう、良い情報を流してもらうなど、およそディーラー出身とは思えないバランスの良さを武器に人間関係を大切にしていた。頭が切れるが姿勢は素直─坂本氏は、本当に感じのいい人物である。

 

かんぽを辞めて独立トレーダーになる時も、奥さんからの要望もあって、ファンドマネージャーならではの感覚で集めた高利回り債券、賃料収入が発生する不動産、自分で土地を手当てした太陽光発電と、生活費を稼ぐ足場を固めてから行動を取ったという。

 

最後に、スクールでの教え方について話してもらった。

 

─スクールでは、どんな教え方をするのですか?

 

僕自身は、ファンドマネージャー、証券ディーラー、個人投資家と3つの視点を併せ持っていることが〝売り〟です。値動きを読むのも実際にポジションを動かすのも、3つの目の使い分けです。そんな特徴を生かして僕は、短期と中長期、2つのミックスで運用を行います。

 

短期と中長期で資金は別れているのですが、垣根を低くして資金配分を流動的にしています。

 

スクールでも、そういう自分のやり方を伝えるのが主ですが、最も力を入れて伝えているのは、定点観測と予習復習です。

 

─具体的には?

 

売買は、毎日同じことの繰り返しなので、〝かたち〟をつくって日々、予習と復習を繰り返すのが正しい、と考えています。

 

手助けをしながら、まずは200銘柄をピックアップしてもらいます。その200銘柄はシンプルに騰落をチェックするだけで、そこから実際に手がける20銘柄を抜き出すのです。

 

最後に「20銘柄」を選定する理由は、相場に費やすことのできる時間です。兼業の個人投資家が観察して予習復習に充てられる時間は、1日あたり30分から1時間でしょう。その時間内できちんとこなせる限界が、20銘柄程度だという計算です。

〝ちがい〟を見つけ出すプロの視点とは?

─平日に必ず予習復習って、ハードルが高くありませんか?

 

人間ですから、さぼりたいときもあります。でも、とりあえず20銘柄をチェックすればいいので、それほど難しくはないんですよ。だから、飲みに行っても大丈夫です。

 

とにかく、広く見わたしながらも、手がける範囲を絞り、〝同じ目〟で観察を続けることが重要です。思いつきで飛びつき買いして「うわぁ、ヤラレた」なんてドタバタ劇から脱却するのが、多くの人にとって共通の課題ですから。

 

すると、落ち着いて〝ちがい〟を見つけることができます。上げ相場で動きがいい銘柄と悪い銘柄、あるいはセクターごとの差、同じ銘柄の動きに変化が出たなど、さまざまな〝ちがい〟ですね。

 

こういった観察をするプロの姿勢を理解してもらうために、サポートというか、フォローアップに手間をかけます。週に4回、動画を配信するのですが、1回が、最低でも30分くらいですかね。

 

─ずいぶん力を入れた取り組み方ですね。

 

やみくもに200銘柄選んでも意味がないので、その考え方についての説明が多くなります。

 

でも、誰でも実行できるようになりますし、行動範囲を限定しながらも、売買対象に選んだ20銘柄、リストアップした200銘柄を通じて市場全体を観察することになります。適宜入れ替えることも含めて、計画に沿った運用、落ち着いた売買が実現するという流れです。

 

─〝ちがい〟には、時代の流れによる変化も含まれますよね?

 

そうです。だから、手法がひとつではダメだと教えています。

 

林さんは「手法をひとつにしろ」と言いますが、林さんが言う「ひとつ」は、僕にとってはひとつではありません。流動的で、幅があり、変化していくことのできる「軸」なんです。

 

─地に足がついた「運用」の感覚を伝えているわけですね。

 

僕の話を断片的に聞いて売買している人もいるでしょうが、スクールには、やる気のある真面目な人に来てほしいと考えています。路線が地味なので、爆発的に人気の出るビジネスにはなり得ません。でも、それが投資家教育の王道だと思います。

 

基本的に、僕を含めたほとんどの人が凡人です。だから、天才的な感覚や技術を要求される方法なんて、現実には意味がありません。誰でも実行できる方法を、自分自身でもさらに追究しながら、それを個人投資家に伝え続けていきたいと思っています。

林投資研究所 代表取締役

1963年生まれ。幼少のころより投資・相場の世界に慣れ親しみ、株式投資の実践で成果を上げながら、独自の投資哲学を築き上げた。現在は、投資顧問会社「林投資研究所」の代表取締役。中源線建玉法、FAI投資法を中心に、個人投資家へのアドバイスを行っている。また、投資助言、投資家向けセミナー等を精力的に行うかたわら、投資情報番組「マーケット・スクランブル」のコメンテーターも務めている。林投資研究所の創設者である故・林輝太郎は実父。主な著書に『億を稼ぐトレーダーたち』『凄腕ディーラーの戦い方』『億トレIII~プロ投資家のアタマの中』『うねり取り株式投資法 基本と実践』(マイルストーンズ)、『入門の入門 中源線投資法』『ブレない投資手法 曲げない投資哲学』(林投資研究所)などがある。

著者紹介

こころトレード研究所 所長

大学卒業後、メーカー勤務を経て、日系の証券会社でディーラーとして活躍。その後、かんぽ生命に転職し、株式、債券のファンドマネジャー、株式のストラテジストを経験。2015 年、中級者向けのトレード指導を行う、こころトレード研究所を、2016 年に「株のデイトレード・スイングトレード通信スクール」を運営する株式会社イタヨミを設立。株式以外にも、債券、不動産、太陽光発電所等、さまざまな投資を行う。
主な著書・出演に『朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術』(東洋経済新報社)、DVD『しっかり儲ける板読み投資術』(パンローリング)がある。

著者紹介

連載知恵と戦術で「億」を稼ぐ! 凄腕ディーラーに学ぶ株式投資術

本連載は、林知之氏の著書『凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ』(マイルストーンズ)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、出版社および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

 

凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ

凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ

林 知之

マイルストーンズ

相場で生き抜くための知恵と戦術。ほんとうに相場で生計を立てている人のホンネ、表舞台にあまり顔を出さないスゴ腕ディーラーたちの相場哲学を凝縮した「珠玉」のインタビュー集。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧