凄腕の株式トレーダーが「キャリア初期で勝てた要因」とは?

今回は、凄腕の株式トレーダーに「キャリア初期に勝つことができた要因」を聞いていきます。※本連載では、投資顧問会社「林投資研究所」代表取締役 林知之氏の著書『凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ』(マイルストーンズ)から一部を抜粋し、普段は表舞台にあまり出ることがない凄腕ディーラーたちに林知之氏が直接インタビューして聞き出した、株式投資で勝つためのリアルな「相場哲学」を紹介します。

「生活費を稼ぐ」という確固たる目的

(本インタビューは前回からの続きです)

 

多くのオトナが、雑誌などの断片的情報をもとに株を売買し、お約束のようにヤラレて消えていく・・・そんな現実を考えると、坂本氏が初期からコツコツと勝ちを重ねたことは信じがたい。

 

インタビューといっても、真の狙いは〝楽しい相場談義〟を展開することだ。彼と私で「なぜ勝てたのか」を考えていったところ、重要な要因に気がついた。生活費を稼ぐという、確固たる目的があったことだ。

 

少ない資金で目先の経費を稼ごうとするのだから、塩漬けは許されない。買って上がったら利食い手仕舞いをする、ダメな場合でも引きずらないという〝適正な回転〟が実現したからではないか。

 

本人は「次の銘柄を買いたかっただけです」などと言っていたが、最初から売買の〝期間〟を意識していた点がよかったのだろう。利食いしたおカネを使ったらそれきり、元の資金で再び稼ごうと頭を働かせる──そんな状況が、ヘンな逃避行動を生まずに功を奏したのだという結論になった。

 

しかし、彼の華々しいスタートの裏には、もっと大きな勝利の要因があった。

戦略を立てて計画的「パチンコ」に臨む⁉

─バイト代だけでは、生活費を稼ぐための資金として、物足りなかったのではありませんか?

 

実は、パチンコで稼いで年間100万円、2年間で合計200万円ほどを追加できたんです。

 

母がパチンコ好きで、専業主婦のヒマつぶしとはいえ、手堅く勝つ方法を心得ていたので教わりました。パチンコは時間がかかるので、夏休みなどに集中して取り組んだのですが・・・。

 

実は、トレードの〝チャート理論〟と同じ発想なんですよ。

 

─詳しく説明してもらえますか?

 

今のパチンコは電子式で、「大当たり」でドンッと玉が増えるじゃないですか。その〝波〟を読む、ひとつの観察法です。

 

出玉の状況を時系列的に見て「この線がそろったらリーチのラッシュがくる」みたいな、一種の予測法ですね。

 

─そんなカンタンに当たるものなんですか?

 

当たる、というよりも、対応なんですよね。

 

狙った状況になるかどうかは予想できませんが、「リーチのラッシュになる可能性の高い状況」を待ちながら一定金額を使うんです。2000円か3000円つぎ込んでダメだったら〝損切り〟して別の台に移動する、狙った状況が訪れたら続ける、という具合に、戦略を立てて計画的に臨むわけですよ。このアプローチは、そのままトレードに役立ったと思います。

 

─まさに相場ですね。でも、それを自分のものにする感性があったのでしょうね。

 

ギャンブルというか、自分で戦略を立てて自由に行動する〝ゲーム〟が好きなんです。あと、おカネも好きなんですよね。小学生のころは、お年玉をせっせと貯めて、親に貸して利子をもらっていましたから。

 

─なんですか?それ(笑)。

 

貯めたおカネをムダづかいせずに残しておき、こづかいが足りなくなった父に貸して利子をもらうんです(笑)。

 

(続)

あなたにオススメのセミナー

    投資顧問会社 林投資研究所 代表取締役

    1963年生まれ。幼少のころより投資・相場の世界に慣れ親しみ、株式投資の実践で成果を上げながら、独自の投資哲学を築き上げた。

    中源線建玉法、FAI投資法を中心に、個人投資家へのアドバイスを行っている。また、投資助言、投資家向けセミナー等を精力的に行うかたわら、投資情報番組「マーケット・スクランブル」のコメンテーターも務めている。林投資研究所の創設者である故・林輝太郎は実父。

    【林投資研究所YouTubeチャンネル】
    https://www.youtube.com/channel/UCdRYlOYZg1Z0LTQ5SbVYQnw
    ⇒過去の生放送(マーケット・スクランブル)や、正しいプロの考え方を学ぶ短時間動画を続々公開!

    【主な著書】
    『うねり取り株式投資法基本と実践』
    『東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術』
    『プロが教える株式投資の基礎知識新常識』
    (以上、マイルストーンズ刊)

    『【徹底解説】FAI投資法完全ルールブック』(林投資研究所刊)

    著者紹介

    こころトレード研究所 所長

    大学卒業後、メーカー勤務を経て、日系の証券会社でディーラーとして活躍。その後、かんぽ生命に転職し、株式、債券のファンドマネジャー、株式のストラテジストを経験。2015年、中級者向けのトレード指導を行う、こころトレード研究所を、2016年に「株のデイトレード・スイングトレード通信スクール」を運営する株式会社イタヨミを設立。株式以外にも、債券、不動産、太陽光発電所等、さまざまな投資を行う。
    主な著書・出演に『朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術』(東洋経済新報社)、DVD『しっかり儲ける板読み投資術』(パンローリング)がある。

    著者紹介

    連載知恵と戦術で「億」を稼ぐ! 凄腕ディーラーに学ぶ株式投資術

    本連載は、林知之氏の著書『凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ』(マイルストーンズ)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、出版社および幻冬舎グループはその責を負いません。

    凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ

    凄腕ディーラーの戦い方 億を稼ぐトレーダーたちⅡ

    林 知之

    マイルストーンズ

    相場で生き抜くための知恵と戦術。ほんとうに相場で生計を立てている人のホンネ、表舞台にあまり顔を出さないスゴ腕ディーラーたちの相場哲学を凝縮した「珠玉」のインタビュー集。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ