株式投資で「下げ局面で手仕舞い」を決断できる合理的な手法

多くの個人投資家が、一点狙いの売買を行います。行動の基となった予測に固執し、「この予測が当たらないと困るんだよ」と自分自身を追い込みがちです。しかし、言うまでもありませんが「予測」は当たったり外れたりするもの。外れたときは、未来を見据えて「最善の一手」を打つことが重要です。上がり下がりに一喜一憂することなく、冷静に判断しなくてはいけません。ここでは値動きの傾向を機械的に判断する手法である「中源線」を解説します。※本記事は、林知之の著書『中源線建玉法 基本と応用』(林投資研究所)より一部を抜粋、再編集したものです。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

「値動きの傾向」を機械的に判断する手法

中源線は、値動きの傾向を機械的に判断する手法です。しかし、プレーヤーなら誰もが持ち合わせている、生身の人間ならではの「感覚」的なものを残しているのが大きな特徴です。いや、むしろ、「感覚をそのまま数式に落とし込んだ」と言うべきかもしれません。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

コンピュータが発達した現代ならば、「儲かる数式が見つかれば、それを機械的に繰り返せばいい」といった発想もあるでしょう。

 

そもそも、自らの相場哲学とか、個人的なこだわりなど全くない、という姿勢ですが、大多数の人が己の都合の売買で行き詰まるなか、こういったアプローチで成功している人がいるのも事実です。

 

しかし通常は、感覚的に納得できないものを実行することなどできません。学校の勉強で、「なんの役に立つんだろう?」と疑問を感じた教科は、テストで及第点を取るのに一苦労だったり、楽しくなかったりで、内容など頭に残っていないはずです。

 

信頼できる医師からの提案でも、正体不明の薬を飲むのは抵抗があるでしょう。ダイエットが続かないのも、出会った方法についてよく調べたり、本気で納得した状態にならないからです。

 

しかし中源線は、シンプルな終値の折れ線チャートを観察した生身の人間が、ごく自然な流れで思いついたことをルール化しているだけなので、熟練したプレーヤーのこだわりが詰まっていると感心するほど、よく仕上がっているのです。

 

中源線は、机上の空論に偏ることもなく、いたずらに条件を重ね合わせるムリな試みも一切ありません。実にシンプルで、合理的だと思えるルールが定められているのです。

 

 

投資顧問会社 林投資研究所 代表取締役

1963年生まれ。幼少のころより投資・相場の世界に慣れ親しみ、株式投資の実践で成果を上げながら、独自の投資哲学を築き上げた。

中源線建玉法、FAI投資法を中心に、個人投資家へのアドバイスを行っている。また、投資助言、投資家向けセミナー等を精力的に行うかたわら、投資情報番組「マーケット・スクランブル」のコメンテーターも務めている。林投資研究所の創設者である故・林輝太郎は実父。

【林投資研究所YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCdRYlOYZg1Z0LTQ5SbVYQnw
⇒過去の生放送(マーケット・スクランブル)や、正しいプロの考え方を学ぶ短時間動画を続々公開!

【主な著書】
『うねり取り株式投資法基本と実践』
『東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術』
『プロが教える株式投資の基礎知識新常識』
(以上、マイルストーンズ刊)

『【徹底解説】FAI投資法完全ルールブック』(林投資研究所刊)

著者紹介

連載プロが教える株式投資~「中源線建玉法」のキホン

  • 【第1回】 株式投資で「下げ局面で手仕舞い」を決断できる合理的な手法
プロが教える株式投資 中源線建玉法 基本と応用

プロが教える株式投資 中源線建玉法 基本と応用

林 知之

林投資研究所

トレンドの変化点を的確に判定! 「中源線」を使って安定的に利益を出すための技術を紹介。 「中源線建玉法」の戦略を一言でいうと、「逆張りの順張り」。上げ相場から下げ相場、下げ相場から上げ相場へと変化する"変化点"…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧