著者紹介

塚松 美穂

ライター・教育アドバイザー
学習支援コーディネーター

上智大学文学部仏文学科卒業。IT・通信会社でwebデザイン、コンテンツ制作、新規事業立ち上げなどに携わる。その後結婚し、主婦を経て、web メディアや業界紙などで記事を執筆するかたわら、子どもが通う公立小・中学校でPTA副会長を務めた。高校2年生の長男、小学6年生の長女、2児の母(2021年12月現在)。現在は、学校評議員・学習支援コーディネーターとして公教育の支援も行う。長男の高校受験に、通塾費を1円もかけない「塾なし受験」によって偏差値71の超難関の都立国立高校への合格をサポート。「塾なし受験は、『自分の頭で考え、自ら選び取って、目標に向かって努力できる子』を育て、子どもたちが幸せな人生を送れるように導いていく、ひとつの教育法なのではないか」との思いから、本書を書き上げた。「塾なし受験研究所」創設

書籍

「塾なし」高校受験のススメ

『「塾なし」高校受験のススメ』

塚松 美穂

たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑問から、家族で話し合い、長男は自宅学習で高校受験に挑戦し、第一志望だった都立国立高校に合格したという。 息子の受験を通して、分かったことは、成績を上げるためには、自宅で勉強習慣をつけ、自分で目的や効率を考えて勉強すること、そして、「塾にいかずとも自宅学習で成績は上げられる! 」ことだという。 本書は「塾なし」受験生として一年をどのように過ごしたのか、必要な親の心構えやサポート、高校受験の基礎知識、勉強計画の立て方や教材、受験勉強の進め方などをマニュアル的にまとめられている。

書籍紹介

掲載記事

[連載]自宅学習だけの「塾なし」志望校合格マニュアル

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ