(※画像はイメージです/PIXTA)

「うちは、塾に通っていません」と周囲に話すと決まって驚かれたといいます。それほど今や高校受験をする中学生は塾にいくのが当たり前なのです。塾に行かずにどうやって目標の高校に合格をしたのでしょうか。塾なしで長男を志望校に入学させた塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)で明らかにします。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

勉強習慣をつけ、自分で目的を考えて勉強する

親にとって子育ては、長い旅のようなもの。私たち親は、時に楽しく時に険しい、そして、子どもが自立するというゴールまで、一緒に旅を続けます。子どもの成長とともに景色が変わり、旅の目的も変わる。巣立っていくその日まで長い旅を続けていくには、もちろんお金もかかります。

 

2020年春、長男は、東京都立国立高校に合格しました。都立国立高校は、国高と呼ばれる東京の都立御三家の一校です。参考までに、国立高校の2020年度の現役東大合格は15人、京大6人、一橋大18人、東工大11人で、国立難関九大学(東大・京大・一橋・東工大・北大・東北大・名大・阪大・九州大)の現役合格者は66人と、都内でトップレベルの都立高校です。(※国立高校ウェブサイト参照)

 

長男が小学生から中学生へと成長していく間に、感じていた違和感がありました。たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。そして、最も強く感じていたのは、「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑問でした。

 

実際、「パート代は全て子どもの習い事に」「塾代が高くて……」など、ため息交じりの声が周囲からは聞こえてきます。子育てや子どもの教育にはお金がかかり、削ることはためらわれがち。子どもの教育費が、家計の聖域といわれるゆえんです。

 

息子は、自宅から徒歩15分の地元の公立中学校に通っていました。学校の野球部に所属して、3年の夏まで、部活も頑張っていました。

 

「うちは、塾に通っていません」

 

周囲にこの話をすると、決まってとても驚かれました。学校の先生も驚き、感心していました。それほど今や、高校受験をする中学生は塾にいくのが当たり前なのです。息子のように、自宅学習で受験に挑む子はとても珍しいでしょう。

 

息子は決して、勉強しなくても成績がよかったわけではありません。

 

中学2年の三者面談で、担任の先生からは「国立高校は難しいだろう」と言われました。私たち夫婦も本人も、その頃は無理だと思っていました。でも息子は、第一志望だった国立高校と、併願受験をした私立高校全てに合格することができました。その間、塾には一度もいっていません。

 

息子の経験を通してわかったことがあります。

 

成績を上げるために大切なことは、自宅で勉強習慣をつけ、自分で目的や効率を考えて勉強すること。そして、「塾にいかずとも自宅学習で成績は上げられる!」ということです。

 

具体的にどんな受験勉強をしていたのか、少し気になりませんか? 知りたいと思っていただけたなら、もう「塾なし受験」への一歩を踏み出したのかもしれません。

 

次ページなぜ親は子どもを塾に通わせるのか?

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    「塾なし」高校受験のススメ

    「塾なし」高校受験のススメ

    塚松 美穂

    プレジデント社

    たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ