(※画像はイメージです/PIXTA)

「塾なし」で高校受験が成功できるかどうかのポイントは、学校の授業の理解度にあります。授業で勉強している内容が「だいたいわかる」という子どもであれば、実は、塾なしのほうが力がつく子もいるといいます。それはなぜでしょうか。塾なしで長男を志望校に入学させた塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)で明らかにします。

【関連記事】塾任せが主流だが…「塾なし」高校受験を行う最大のメリット

コロナ禍が突きつけた塾の存在理由

新型コロナウイルスの影響を受けた令和の時代は、新しい価値観や生活様式を取り入れ、日々変化しています。「密を避ける」ことが定着し、塾でも対策はとられていますが、受験生にとって、塾に集まることは「リスクと隣り合わせ」であることに変わりありません。できることなら、人との接触を減らしたいのが本音。これは、インフルエンザもコロナも同様です。

 

教室に集まって勉強するスタイルから、自宅学習をするスタイルへ。入塾しても、オンライン授業などを取り入れて通塾しない選択肢も増えました。コロナの影響で、世界が大きく変化しています。受験に対する勉強方法も変化するときなのかもしれません。

 

塾に通うことが本当に必要な子どもはいると思います。

 

が、塾に通わなくても第一志望校に合格できる子どもも、実はたくさんいると思っています。公立校でも、中学になると塾に通う子がグンと増えます。実際に中学3年時、息子のクラスも大半の生徒が塾に通っていました。果たして、それほど多くの子どもにとって塾は本当に必要なのか、私が常に疑問に感じていたことです。

 

では、どんな子どもにとって、塾は必要なのでしょう。私も学生時代に家庭教師をした経験がありますが、学校の教室で授業についていけない、勉強の苦手な子どもは、例えば、個別塾や家庭教師のように、少人数・マンツーマンで丁寧に教わることによって理解できる。

 

そういう児童・生徒にとって、塾は必要でしょう。勉強が苦手で、教科によっては、ちんぷんかんぷんだとすれば、自分に合った塾にいくことは自然な選択になるでしょう。塾の大きな存在理由は、まずここにあります。プロにサポートしてもらうことで成績が伸びる子どもが実際にたくさんいる。このことは、もちろん理解しています。

 

では、クラスの平均点以上を取れる子どもは、予習・復習・試験対策を自分の力でできないのでしょうか。いいえ、(やっていないだけで)できると思います。

 

次ページ「塾なし」でこそ主体的な勉強ができる

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    「塾なし」高校受験のススメ

    「塾なし」高校受験のススメ

    塚松 美穂

    プレジデント社

    たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ