親の受験への無知にイライラ…受験生が不安に思う親の知識不足 (※画像はイメージです/PIXTA)

受験についての基本的な情報は、親子でしっかりと理解・整理・共有をしておく必要があります。受験情報を親子で共有することは、子どもに安心感を与え、励ますことにもつながります。塾なしで長男を志望校に入学させた塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)で解説します。

親子で受験情報を共有するメリット

■高校受験の基礎知識

 

高校受験を塾任せにしないと決めたならば、受験についての基本的な情報は、親子でしっかりと理解・整理・共有をしておく必要があります。受験生が不安に思うことのひとつに、受験に対する親の知識不足があるといわれます。

 

塾任せにしてしまうと、本来は親として知っておくべきことも丸投げしている可能性がありますよね。受験する本人は、勉強以外の不安要素は取り除いておきたいでしょう。受験をサポートする親として、最低限の受験知識は得ておくほうがいいでしょう。

 

受験情報を親子で共有することは、子どもに安心感を与え、励ますことにもつながります。何より、受験という大きな目標に向かって、一緒に闘う気持ちが互いに強まりますね。

 

塾に通っていれば、手厚いサポートで塾がお膳立てをしてくれる部分ですが、家庭内でも同様にポイントをしっかり押さえておけばよいのです。受験までの流れを理解し、慌てることのないようにしましょう。

 

受験生の親とはいえ、仕事に家事に忙しい毎日です。学校への連絡や説明会などの申し込み、願書作成などの書類関係は、親の役割が大きくなります。私自身、受験生になったつもりで流れを理解し、大切なポイントをうっかり忘れることがないように、注意深く取り組みました。

 

この稿では、理解しておくべき「高校入試・基本の基」を、中学校サイドと高校サイドに分けて列挙しています。これらはあくまでも一例であり、息子の通った公立中学と、受験の際に関わった複数の高校を参考に書いています。各ご家庭で、入試に向けたスケジュールを立てる際などに、参考にしていただければと思います。

 

※以降、この稿では、推薦に基づく選抜を「推薦入試」、学力検査に基づく選抜(第一次募集・分割前期募集)を「一般入試」と表現しています。

 

■入試用語の解説

 

まずは、基本的な入試用語について簡単に説明しておきましょう。

 

推薦入試 

主に中学校から推薦されて受験する入試。中学校長の推薦書が必要で、①単願推薦と②併願推薦があります。中学校の推薦書がいらない③自己推薦もあります。内申点による推薦基準が設定されています。

 

①単願推薦
中学校から推薦されて合格すれば、その高校に入学することを約束して受験します。合格すれば、他校を受験することはできません。

 

②併願推薦
併願推薦は、「千葉県や埼玉県、東京都の一部の私立高校の入試制度」のひとつ。

 

内申点が、各高校が定める基準に達していれば、推薦合格をもらえます。併願推薦は、合格をもらって他の高校も受験することが可能です。主に公立高校が第一志望の受験生が、滑り止めとして私立高校を確保することが多いようです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/18(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

ライター・教育アドバイザー
学習支援コーディネーター

上智大学文学部仏文学科卒業。IT・通信会社でwebデザイン、コンテンツ制作、新規事業立ち上げなどに携わる。その後結婚し、主婦を経て、web メディアや業界紙などで記事を執筆するかたわら、子どもが通う公立小・中学校でPTA副会長を務めた。高校2年生の長男、小学6年生の長女、2児の母(2021年12月現在)。現在は、学校評議員・学習支援コーディネーターとして公教育の支援も行う。長男の高校受験に、通塾費を1円もかけない「塾なし受験」によって偏差値71の超難関の都立国立高校への合格をサポート。「塾なし受験は、『自分の頭で考え、自ら選び取って、目標に向かって努力できる子』を育て、子どもたちが幸せな人生を送れるように導いていく、ひとつの教育法なのではないか」との思いから、本書を書き上げた。「塾なし受験研究所」創設

著者紹介

連載自宅学習だけの「塾なし」志望校合格マニュアル

※本連載は塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

「塾なし」高校受験のススメ

「塾なし」高校受験のススメ

塚松 美穂

プレジデント社

たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ