「塾なし高校受験」親がやるべきこと、やってはいけないこと (※画像はイメージです/PIXTA)

「塾なし高校受験」で最も大切なことは、「受験は、子どもの未来のための選択」だということを忘れずに、人生の先輩としてアドバイスすること。自分で考え、自分で選択できるような環境を整えてあげることだといいます。塾なしで長男を志望校に入学させた塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】塾任せが主流だが…「塾なし」高校受験を行う最大のメリット

理想的な親の在り方は「サポーター」

■「塾なし受験」親ができること・すべきことは?

 

受験生にとっての理想的な親の在り方は、ズバリ「サポーター」だと考えています。親である私たちは、「受験生(我が子)を愛し、支え、応援する人に徹する」ということです。

 

サッカーでいうところの「サポーター」は、クラブにとっては欠かせない存在で、熱狂的にクラブを愛し、懸命に応援をします。勝負の世界で苦楽をともにし、金銭的にも精神的にも支えるため、選手のモチベーションにも大きく影響を与えています。なんだかよく似ていませんか? 勝負に向かう受験生を、金銭的にも精神的にも支え、懸命に応援している親の姿に。

 

親子関係は、もともと縦の関係なので、並んで走ることが時に難しい場合もあります。親と子、それぞれの性格や職業など、家庭環境は個別に全く違うものですから、十把一絡げにはできないですが、塾なし受験に挑戦する場合、親の在り方や立ち位置は、この「サポーター」のイメージが理想的ではないかと思います。

 

中学生の子どもはある意味、親に従属する関係性といえます。しかし、「塾なし受験」を目指す場合は、上から指示したり、決めつけでモノを言うのではなく、できるだけ伴走するサポーターの心構えでいましょう。横に並んで、もしくは周囲からサポートする、あくまでも主役(プレーヤー)は受験生です。

 

私は現在、公立小で学習支援のコーディネーターとして、学校教育のお手伝いをしています。校長先生など管理職を含め先生と話すこともあって、公教育について考える機会があります。

 

私が知る現場の先生は、毎日、真剣に子どもと向き合っています。子どもにとって学校は、一日のほとんどの時間を過ごす場所であり、先生は、子どもの未来に大きな影響を与える大人の一人です。先生一人ひとりに個性があるのは当然ですが、多くの先生は、やり方は違っても、目の前の児童・生徒に対し、懸命に向き合い、日々頑張っています。

 

そのような現場で、時折、子どもの学習を学校に任せすぎる保護者に出会うと、内心、少なからずもやもやします。やはり、子どもの教育は、学校と家庭の両輪でなされるべきもの、というのが持論です。親だけが必死で子どもを育てるわけでもなく、学校の先生だけが教育の責任を負っているわけでもない。少なくとも、子どもが必要とする教育にはどちらも必要だ、ということです。

 

両輪がうまく作用せず、一方だけではバランスが悪く、9年間の義務教育という道のりを走るのは難しい。一方にばかり負担がかかる状態ではうまく走れません。「子ども・学校・家庭」の三者一体のバランスの大切さを理解し、学校と家庭の両方から支えることで、子どもたちは健やかに成長していきます。

 

想像してみましょう。

 

例えば、学校の先生にとって我が子は、40人いるクラスの子どもの中の一人の児童・生徒です。親は、子どもを一対一に近いかたちで見ていますが、先生は、大きな輪の中にいるその子に対応しています。

 

我が子は、クラスの中心にいるわけでもなければ、先生の正面にいるわけでもない、ということ。それが、教室の普通の姿です。学校教育は、その教室内にいる児童、生徒に満遍なく与えられているものです。

 

ライター・教育アドバイザー
学習支援コーディネーター

上智大学文学部仏文学科卒業。IT・通信会社でwebデザイン、コンテンツ制作、新規事業立ち上げなどに携わる。その後結婚し、主婦を経て、web メディアや業界紙などで記事を執筆するかたわら、子どもが通う公立小・中学校でPTA副会長を務めた。高校2年生の長男、小学6年生の長女、2児の母(2021年12月現在)。現在は、学校評議員・学習支援コーディネーターとして公教育の支援も行う。長男の高校受験に、通塾費を1円もかけない「塾なし受験」によって偏差値71の超難関の都立国立高校への合格をサポート。「塾なし受験は、『自分の頭で考え、自ら選び取って、目標に向かって努力できる子』を育て、子どもたちが幸せな人生を送れるように導いていく、ひとつの教育法なのではないか」との思いから、本書を書き上げた。「塾なし受験研究所」創設

著者紹介

連載自宅学習だけの「塾なし」志望校合格マニュアル

※本連載は塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

「塾なし」高校受験のススメ

「塾なし」高校受験のススメ

塚松 美穂

プレジデント社

たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ