実技も大切!高校合格を左右する「内申点」をアップする方法 (※画像はイメージです/PIXTA)

内申点は定期テストの点数だけでなく、授業中の取り組みや提出物なども評価に影響します。特に「関心・意欲・態度」などの観点項目は、定期テストではなく、普段の授業や提出物で評価されている場合が多いです。塾なしで長男を志望校に入学させた塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】10/29(土)
コロナ禍でも宿泊客を集客する実績と実力
年間最大賃料143万円、利回り4.93%、減価償却の税務メリットも
新しい「別荘所有&別荘投資ビジネス」のご案内 詳細はコチラ>>>

学校の授業と定期テストの対策

中学校の成績は、定期テストの結果を中心に総合的に評価されています。内申点と学習の積み上げ、という二点において、定期テストは高校受験にも関係しているといえます。そこで定期テスト前、各教科は以下のように勉強を進めるとよいでしょう。

 

国語と社会は、通信教材と学校のワークやプリントを中心に勉強する。

 

英語・数学・理科については、さらに参考書も併用する。

 

●『中学定期テストの対策ワーク(中3)』(旺文社)

 

学校のプリントやワーク、通信教材で勉強したことを再確認するため、定期テスト対策に購入した参考書です。同様の参考書がいくつか出ています。

 

このように、学校の授業と定期テストの対策は、いくつかの教材を、用途別に組み合わせて活用するとよいでしょう。我が家はスタディサプリ(有料)を使っていましたが、今は無料の動画配信も増えました。

 

塾なしでも塾に負けないくらいわかりやすい授業動画が無料で見られるのです。自宅学習をするにはもってこいの時代になりましたね。

 

■組み合わせ例

 

●授業の復習&確認=オンライン動画
●定期テストに向けた勉強=学校のワーク・プリント・自分のノート+通信教材
●定期テスト前の確認=通信教材+参考書

 

勉強可能な環境があるにもかかわらず、「自宅では勉強に集中ができない」という子どもは意外と多いようです。場所を変えることで勉強モードになる子、自宅では誘惑に負けてしまう子、勉強とリラックスの場所を分けたいなど、理由はさまざまです。

 

たしかに、大人もリモートワークが増えて、仕事とプライベートの区切りが難しいと感じている方はいるでしょう。自宅での勉強も仕事も、本人の意志と集中力、そして気が散る原因を取り除くことも必要です。

 

誘惑があっても、優先順位をつけられる。
信念を持って誘惑に負けず行動できる。

 

これができれば一人前。自宅学習ができる子は、自分を律することができる子なのです。勉強するときはする。でも、必要なときにリラックスもできる。

 

中学生でも自分でメリハリをつけ、時間管理をすることが重要。オンとオフの切り替えができる受験生になれれば、社会人になっても大丈夫でしょう。

 

そして、勉強することは大切ですが、勉強するだけでは偏った大人になるように感じています。「知性」と同じくらい「人間力」が大切。どのように知性を使って生きていくかは、本人の志にかかってきます。

 

受験期は勉強ばかりでも仕方ありませんが、親としてはその人間性の部分をしっかり育てていきたいですね。勉強だけでなく、好きなことや没頭できる勉強以外のことがあるほうが、人生は豊かで楽しいものになると思いませんか? 受験を通し、勉強だけでなく人間的にも成長できる塾なしのスタイルを、多くの中学生が取り入れてくれたら、と考えています。

 

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

あなたにオススメのセミナー

    ライター・教育アドバイザー
    学習支援コーディネーター

    上智大学文学部仏文学科卒業。IT・通信会社でwebデザイン、コンテンツ制作、新規事業立ち上げなどに携わる。その後結婚し、主婦を経て、web メディアや業界紙などで記事を執筆するかたわら、子どもが通う公立小・中学校でPTA副会長を務めた。高校2年生の長男、小学6年生の長女、2児の母(2021年12月現在)。現在は、学校評議員・学習支援コーディネーターとして公教育の支援も行う。長男の高校受験に、通塾費を1円もかけない「塾なし受験」によって偏差値71の超難関の都立国立高校への合格をサポート。「塾なし受験は、『自分の頭で考え、自ら選び取って、目標に向かって努力できる子』を育て、子どもたちが幸せな人生を送れるように導いていく、ひとつの教育法なのではないか」との思いから、本書を書き上げた。「塾なし受験研究所」創設

    著者紹介

    連載自宅学習だけの「塾なし」志望校合格マニュアル

    ※本連載は塚松美穂氏の著書『「塾なし」高校受験のススメ』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    「塾なし」高校受験のススメ

    「塾なし」高校受験のススメ

    塚松 美穂

    プレジデント社

    たくさんの習い事に、塾を掛け持ちしている小学生。中学生になれば、学習塾にいくのが当たり前の世の中で、周りを見れば塾通いのクラスメートばかり。「塾にいかないと子どもたちは希望する進路に進めないのだろうか」という疑…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ