記事一覧

資産運用

お金をお金として持っているだけでは、実質的な資産を目減りさせてしまうリスクがあるのが、今の世の中です。資産を増やすという目的だけでなく、資産を守り、そして次の世代に残すためにも、賢く資産運用することが求められています。金融システムが発達した今、自らの考え方やニーズに適した投資とは何か、眠ったままの現金や証券を効率よく運用できないかなど、このページでは「資産運用」に関連する記事をまとめています。

4月の米ドル/円…「急速な円高」を引き起こすかもしれない、植田新総裁の“ひそかな企み”【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第133回】4月の米ドル/円…「急速な円高」を引き起こすかもしれない、植田新総裁の“ひそかな企み”【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
みんな不安を煽りすぎ…株式市場で近々「10年に1度の買い場」到来の可能性【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第72回】みんな不安を煽りすぎ…株式市場で近々「10年に1度の買い場」到来の可能性【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳
総資産28兆円のSVB破綻も…「米国株高のきっかけになる」と投資のプロが予想する理由
米国株投資戦略
[連載] 武者リサーチ経済・金融市場分析レポート
【第46回】総資産28兆円のSVB破綻も…「米国株高のきっかけになる」と投資のプロが予想する理由 | 武者 陵司
FRBは「さらなる利上げ示唆」で円安進行のはずが…一時「130円割れまで円高」のワケ
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第132回】FRBは「さらなる利上げ示唆」で円安進行のはずが…一時「130円割れまで円高」のワケ | 吉田 恒
足元の相場で“キャッシュ”は「負け組」…「勝ち組の資産」は?マクロストラテジストの“明確な回答”
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第71回】足元の相場で“キャッシュ”は「負け組」…「勝ち組の資産」は?マクロストラテジストの“明確な回答” | 重見 吉徳
欧州大手銀行「クレディ・スイス」経営不安で“金融システム崩壊”の危機?米ドル/円の行方は【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第131回】欧州大手銀行「クレディ・スイス」経営不安で“金融システム崩壊”の危機?米ドル/円の行方は【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
“シリコンバレー銀行(SVB)破綻”で市場動揺も「いつものこと」…マクロストラテジストが“冷静”な理由
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第70回】“シリコンバレー銀行(SVB)破綻”で市場動揺も「いつものこと」…マクロストラテジストが“冷静”な理由 | 重見 吉徳
「米ドル高・円安相場」終了か…この先「円高リスク」に警戒【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第130回】「米ドル高・円安相場」終了か…この先「円高リスク」に警戒【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
アップル=時価総額3兆ドルに、皮肉の声「ドイツGDPと同じ額」専門家が「米国はバブル崩壊まっしぐら」と断言するワケ
米国株投資戦略
[連載] トルコ出身東大卒の専門家がこれからの世界経済を先読み解説!
【第1回】アップル=時価総額3兆ドルに、皮肉の声「ドイツGDPと同じ額」専門家が「米国はバブル崩壊まっしぐら」と断言するワケ | エミン・ユルマズ
米金利の見通し…10年金利は「4.5%」程度までの上昇余地【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第69回】米金利の見通し…10年金利は「4.5%」程度までの上昇余地【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳
アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)とは何か~期待される単一市場の誕生
米国株投資戦略
[連載] ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト
【第180回】アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)とは何か~期待される単一市場の誕生 | 斉藤 誠
「米ドル高・円安」見通しの大転換を迫られる「黒田リスク」の正体【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第129回】「米ドル高・円安」見通しの大転換を迫られる「黒田リスク」の正体【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
米インフレの高止まりリスク…インフレはピークアウトも低下スピードは鈍化傾向、インフレ抑制のためには景気後退不可避の可能性
米国株投資戦略
[連載] ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト
【第178回】米インフレの高止まりリスク…インフレはピークアウトも低下スピードは鈍化傾向、インフレ抑制のためには景気後退不可避の可能性 | 窪谷 浩
インフレはいつ落ち着くのか…マクロストラテジストの回答は
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第68回】インフレはいつ落ち着くのか…マクロストラテジストの回答は | 重見 吉徳
3月の米ドル/円相場…「1ドル140円超え」のシナリオも【国際金融アナリストが予想】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第128回】3月の米ドル/円相場…「1ドル140円超え」のシナリオも【国際金融アナリストが予想】 | 吉田 恒
米株の「最安値」はいつ?投資は「今年の10~11月以降」がオススメなワケ【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第67回】米株の「最安値」はいつ?投資は「今年の10~11月以降」がオススメなワケ【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳
ウクライナ戦争からまる1年…ユーロ圏はついに「インフレがピークアウト」景況感は米国同様に改善「1ドル=135円」円安に
債券投資
[連載] 国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」
【第186回】ウクライナ戦争からまる1年…ユーロ圏はついに「インフレがピークアウト」景況感は米国同様に改善「1ドル=135円」円安に | 長谷川 建一
米ドル高・円安すすむ…「1ドル140円台」再来はあるか【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第127回】米ドル高・円安すすむ…「1ドル140円台」再来はあるか【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
米国の「景気後退」はいつ始まるのか【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第66-1回】米国の「景気後退」はいつ始まるのか【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳
【画像】米国の「景気後退」を予見するデータ
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第66-2回】【画像】米国の「景気後退」を予見するデータ | 重見 吉徳
日銀人事で一時「1ドル130円割れ」も…国際金融アナリストが「これから米ドル高・円安に向かう」と予想するワケ
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第126回】日銀人事で一時「1ドル130円割れ」も…国際金融アナリストが「これから米ドル高・円安に向かう」と予想するワケ | 吉田 恒
AIには奪えない…「ファイナンシャル・アドバイザー」が今後30年生き残るといえるワケ【フィデリティ首席研究員の見解】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第65回】AIには奪えない…「ファイナンシャル・アドバイザー」が今後30年生き残るといえるワケ【フィデリティ首席研究員の見解】 | 重見 吉徳
次期総裁は「日銀のプリンス」?米ドル/円は「日銀人事」次第で大荒れか【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第125回】次期総裁は「日銀のプリンス」?米ドル/円は「日銀人事」次第で大荒れか【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
「米国株式を30年運用」いくら儲かる?投資の“理想”と“現実”
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第64回】「米国株式を30年運用」いくら儲かる?投資の“理想”と“現実” | 重見 吉徳
2月が円高のピーク!「1ドル130円割れは続かない」といえるワケ【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第124回】2月が円高のピーク!「1ドル130円割れは続かない」といえるワケ【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
足元の米ドル/円相場は「円高」地合いだが…近々「円安」に転じる可能性【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第123回】足元の米ドル/円相場は「円高」地合いだが…近々「円安」に転じる可能性【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
【画像】「30年間、毎月1ドルずつ」積み立て投資をすると…
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第62-2回】【画像】「30年間、毎月1ドルずつ」積み立て投資をすると… | 重見 吉徳
2ヵ月で20円以上の円高…「1ドル130円割れ」は定着するのか【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第123回】2ヵ月で20円以上の円高…「1ドル130円割れ」は定着するのか【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
戦争にコロナ、政治不安…国内外に埋まる「リスクの種」を点検【フィデリティ首席研究員の見解】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第61回】戦争にコロナ、政治不安…国内外に埋まる「リスクの種」を点検【フィデリティ首席研究員の見解】 | 重見 吉徳
1ドル130円台前半の米ドル/円…「米ドル安・円高の再燃」はあるか【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第122回】1ドル130円台前半の米ドル/円…「米ドル安・円高の再燃」はあるか【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
【米国経済】景気と連動する「雇用統計」…好調でも「株価下落」のワケ
米国株投資戦略
[連載] 「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識 株式会社オープンハウス
【第143回】【米国経済】景気と連動する「雇用統計」…好調でも「株価下落」のワケ | オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部
2023年、資産運用の基本スタンスは?フィデリティ首席研究員の「シンプル」な回答
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第60回】2023年、資産運用の基本スタンスは?フィデリティ首席研究員の「シンプル」な回答 | 重見 吉徳
「円安相場・再来」を警戒すべき納得の理由【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第121回】「円安相場・再来」を警戒すべき納得の理由【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
今年の漢字1文字は?/利上げよりもウクライナ・ロシア情勢【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第59回】今年の漢字1文字は?/利上げよりもウクライナ・ロシア情勢【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳
米ドル/円、今週の予想レンジ…金融政策イベントや経済指標など目白押しで神経質な展開【国際金融アナリストが解説】
外国為替
[連載] 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略
【第120回】米ドル/円、今週の予想レンジ…金融政策イベントや経済指標など目白押しで神経質な展開【国際金融アナリストが解説】 | 吉田 恒
2023年、注目の投資先は「インド」と「米国」【マクロストラテジストが解説】
米国株投資戦略
[連載] フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」
【第58回】2023年、注目の投資先は「インド」と「米国」【マクロストラテジストが解説】 | 重見 吉徳

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ