(※画像はイメージです/PIXTA)

足元の為替相場では、先週3日の米雇用統計の結果を受けて米金利が急騰、これに連れる形で米ドル高・円安が進み、1ドル130円台を回復しました。そのようななか、今週の米ドル/円相場について、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「さらなる円安」の可能性を示唆しながらも、10日に発表される日銀人事次第では「大荒れの相場展開」を予想しています。それはなぜか、みていきましょう。

「2月7日~2月13日のFX投資戦略」のポイント

〈ポイント〉

・米金利低下の流れは、3日の雇用統計「ポジティブ・サプライズ」で変わり、金利「下がり過ぎ」の反動からさらに上昇する可能性もありそう

・一方日本の金利は、日銀新執行部の人事案発表次第で波乱含み

・今週の米ドル/円予想レンジは128~133円で想定

雇用統計で米金利低下の流れに変化か

先週は、1日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の後も米金利低下が続くなかで128円割れ寸前まで米ドルが続落しました。しかし、3日に発表された米1月雇用統計が全般的に予想より良い、「ポジティブ・サプライズ」となったことから米金利が急騰し、それに連れる形で米ドル/円も131円まで急反発となりました(図表1、2参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の1時間足チャート(2022年2月1日~) 出所:マネックストレーダーFX

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表2]米ドル/円と日米10年債利回り差(2022年10月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

このような流れを受けて、今週の米ドル/円は、まず米金利上昇がさらに続くかという点が焦点になりそうです。そしてもうひとつ、10日にも政府が次期日銀執行部の人事案を発表する可能性があるため、それを受けた日本の金利の動きも注目されることになりそうです。

 

このうちまずは、米金利から。米金利は長短金利とも、1日のFOMC以降も低下傾向が続いていました(図表3参照)。FOMC後の記者会見で、パウエル議長はさらに2回の利上げを示唆し、その上で基本的に年内の利下げの可能性を否定しましたが、そういったなかでも金利低下が続いたのは、FRBの姿勢より、インフレ率低下や景気減速を示す経済データに反応したと見ることもできるでしょう。

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表3]米2年債及び10年債利回りの推移(2022年1月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

ただそういった経済データのなかで、2月3日に発表された1月雇用統計は、上述のように「ポジティブ・サプライズ」の結果となりました。NFP(非農業部門雇用者数)は、前月比で51万人の増加(事前予想は19万人増加)と事前予想を大きく上回り、失業率も3.4%(同3.6%)とこの間の最低を更新、予想に反して改善する結果となったわけです。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【国内不動産】7月4日(木)開催
【高利回りが続く物件の条件を徹底解説】
1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!
フルローン×新築アパート投資の全貌

次ページ金利「下がり過ぎ」の可能性を示す指標とは

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録