書籍詳細

『理系サラリーマン大家が伝授する
 不動産投資で不労所得1000万円を得る方法』

理系サラリーマン大家が伝授する  不動産投資で不労所得1000万円を得る方法

溝口 晴康

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2016年5月

いまや大ブームとなった不動産投資。しかし初心者であれば、どんな物件を買うべきか、資金をどのように調達するのか、購入後はなにをすればよいのかなど、わからないことだらけ。しかし著者は、そこで、自ら不動産投資にチャレンジし、不労所得1000万円を得るまでに至った理系サラリーマンが、メンタル面や具体的な戦略面、トラブル対処の方法など、不動産投資を成功に導く具体的な秘訣を紹介する。


茨城県出身、東北大学工学部卒、1976年生まれ38歳、一般メーカーに勤務。
子供の頃、父親の影響で株式投資に興味を持つ。学生時代、初めて買った株(シントム)は上場廃止に。
社会人になった後も、懲りずに株に手を出す。ライブドアショック時には震源地のライブドアを保有しており、数百万円の損失!一念発起して次は日本と海外の金利差に着目してFXを試みるが、リーマンショックが直撃してあえなく撃沈。
その後、2008年に不動産業界に参入。売買頻度も少なく、腰を据えて不動産事業に向き合った結果、今までに無い好成績を上げる。
現在は、東京都内と神奈川県に5棟・5億円・50部屋のオーナーとなる。40歳までにトリプル3 (3棟・3億円・30部屋)を目指していたが、オーバーシュートして勢い余ってトリプル5 (5棟・5億円・50部屋)に!

著者紹介

掲載記事

[連載]本気で不労所得1000万円を目指す! 不動産投資成功の心得17条

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!