築20年老朽マンション住人の酷すぎる「生活トラブル」に絶句 (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事では『理系サラリーマン大家が伝授する 不動産投資で不労所得1000万円を得る方法』(幻冬舎メディアコンサルティング)より一部を抜粋し、物件オーナーから見た築20年超えのマンションの管理トラブルについて解説していきます。

「そんなに払えん!」エレベーターにトラブル発生

中古物件で起こる、様々な設備トラブルを紹介する。

 

エレベータードアモーター故障

 

エレベーターのドアが開かないと入居者⇒入居付け仲介業者⇒私に連絡が入った。

 

私の場合、自主管理といっても、入居者さんは直接私に電話しづらいのか、まずは入居付けの仲介業者に連絡して、そこから私に連絡が入ることがよくある。入居付けの仲介業者は私の物件管理業者ではないため、その報告を受けたら、その後は私がいろんな業者を手配するわけだが…。

 

で、私はそれからエレベーター保守点検業者に連絡した。

 

大至急駆けつけてもらったが、「エレベーターの昇降機」が故障したわけではなく、「エレベーターのドアモーター」が故障したとのこと。正直あまりピンとこなかったが、確かにドアの開閉があるので、モーターがあるんだろう…。もちろんすぐに交換の見積もりを出してもらった。私の勝手な予算は5万円程度だったが、20~30万円かかると言われた。エレベーターの天井の狭いところに、どうやら小型モーターがいるようだ。

 

そんなに払えん!ということで、まずは安全の問題上、エレベーターを止める張り紙をして、その間に業者と知恵を絞って、安価な解決策を検討した。一度モーターをばらして修理してみる…とか、複数の選択肢を考えながら、出た結論!

 

業者の保有していた遊休品のモーターを使う。

 

これは私の運がいいというか、良い業者さんに巡り合ったというか、通常ではあり得ない解決方法だと思う。業者は利益を取ってなんぼだから、やはり新品への交換などをしたがる。しかし、私のコスト意識に負けたのか、奥の手を準備してくれた。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

正直、この業者に取ってはそんなにメリットがない話だ。しかし、モーター程度で、そんなにおカネを出したくないが、エレベーターを丸ごと交換する際には、やはり今の業者しかいない!と心に決めた瞬間だった。

 

もちろん、全交換した際の見積もりを出してもらったが、300万円。この物件の1年間のキャッシュフローがエレベーター交換で丸々消えていきそうだ。エレベーターを交換する前に売却すべきでは?と考えるきっかけとなった出来事でもあった。

茨城県出身、東北大学工学部卒、1976年生まれ38歳、一般メーカーに勤務。
子供の頃、父親の影響で株式投資に興味を持つ。学生時代、初めて買った株(シントム)は上場廃止に。
社会人になった後も、懲りずに株に手を出す。ライブドアショック時には震源地のライブドアを保有しており、数百万円の損失!一念発起して次は日本と海外の金利差に着目してFXを試みるが、リーマンショックが直撃してあえなく撃沈。
その後、2008年に不動産業界に参入。売買頻度も少なく、腰を据えて不動産事業に向き合った結果、今までに無い好成績を上げる。
現在は、東京都内と神奈川県に5棟・5億円・50部屋のオーナーとなる。40歳までにトリプル3 (3棟・3億円・30部屋)を目指していたが、オーバーシュートして勢い余ってトリプル5 (5棟・5億円・50部屋)に!

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

理系サラリーマン大家が伝授する  不動産投資で不労所得1000万円を得る方法

理系サラリーマン大家が伝授する 不動産投資で不労所得1000万円を得る方法

溝口 晴康

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや大ブームとなった不動産投資。しかし初心者であれば、どんな物件を買うべきか、資金をどのように調達するのか、購入後はなにをすればよいのかなど、わからないことだらけ。しかし著者は、そこで、自ら不動産投資にチャレ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧