著者紹介

大迫 秀樹

編集・執筆業

編集・執筆業。「広い視野で、わかりやすく」をモットーに、教養・雑学書の企画から執筆まで幅広く関わる。主なジャンルは、歴史・地理・時事・文章術など。日本史関連の著書に『おさらい3時間 !日本史のイロハ』(明日香出版社)、執筆協力に『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365歴史編』(文響社)ほか多数

書籍

「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人

『「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人』

大迫 秀樹

学校の授業で歴史を習うときに必ず出てくる「鎌倉幕府」。日本で初めて本格的な武士による政治のはじまりとして覚えさせられた人が多いことでしょう。そこで、習った人には思い出していただきたいのが、鎌倉幕府の成立は何年と教わったでしょうか。 「イイクニつくろう鎌倉幕府の1192年」――。おそらくすでに成人されて久しい人は1192年で習っていて、若い世代は1185年が多いのではないでしょうか。このように、誰もが勉強してきたはずの事柄であっても、調査や研究で変わっていくのが歴史です。 鎌倉幕府の時代とはどんな時代だったのでしょうか。2022年、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をより深く、もっと楽しむための1冊。 そして、知ってるようで意外と知らない日本初の武家政権誕生に迫ります。

書籍紹介

掲載記事

[連載]「鎌倉幕府の謎」源頼朝と北条義時たち13人の時代

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ