「鎌倉殿の13人」梶原景時はなぜ告げ口で身を滅ぼしたのか? イラストレーション=メイ ボランチ

「鎌倉殿の13人」メンバーのなかで、最も悪名高いのが梶原景時です。事実を曲げて人を陥れる。ありもしないことをチクり、失脚させる。事実上、御家人トップの座にあって、教養もあり、弁も立つため、他の東国のボスを見下し、多くの反感を買っていたようです。大迫秀樹氏が著書『「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

あなたにオススメのセミナー

    13人合議制の崩壊はささいな発言

    ■讒言の梶原、二君に仕えられるか?

     

    13人合議制のメンバーのうち、最初に失脚したのは梶原景時でした。

     

    梶原は頼朝の恩人であり、頼家の乳母夫であることから、源氏の「一の郎党」として重んじられていました。頼朝の晩年には、和田義盛に代わり、侍所の別当(長官)にも就任。事実上、御家人トップの座にあったのです。

     

    そこそこ教養があり、弁も立つため、他の東国ボスたちを見下していたかもしれません。それゆえ、多くの反感を買っていました。

     

    その反感のダムがあふれた失脚事件は、ささいな発言をきっかけに起こります。

     

    主な登場人物は、有力御家人の結城(小山)朝光、北条時政の娘・阿波局(政子の妹)とその夫・阿野全成、三浦義澄の子・義村らです。

     

    合議制開始からまもない1199年のある日、談笑の場で結城朝光がこう言ったのです。

     

    〈忠臣は二君に仕えずというが、おれも頼朝様が亡くなったとき、出家すべきだったなぁ〜〉

     

    結城は頼朝からの信が厚く、寝所警固衆に任命されていたほどでした。初代「鎌倉殿」の時代を懐かしむように、軽い気持ちで発した言葉だったのでしょう。本来、結城は控え目な性格でした。

     

    しかし梶原景時は、この結城の「忠臣は二君に仕えず」という言葉を、〈結城は頼朝様には仕えたが、頼家なんかに仕えるつもりはない〉と解釈(曲解)し、頼家に讒言(他人を悪く言って陥れること)したのでした。

     

    これを耳にした阿波局は、結城に〈梶原の讒言を頼家様が信じています。頼家様はあなたを討つおつもりですよ!〉と伝えたのです。

     

    驚いた結城は、何かと頼りになる三浦義村に相談しました。義村は父・義澄とともに源平合戦のときから「鎌倉殿」に仕えてきました。このころ、幕府の要人になっていて、やがて、義村は北条氏の右腕として欠かせぬ存在になります。

     

    さて、結城から相談を受けた義村は憤慨しました。

     

    〈梶原は讒言を繰り返してきた。あいつのせいで破滅した仲間がどれだけいることか! みんなの声を「鎌倉殿」頼家様に伝えよう!〉

     

    すると、御家人のなかから〈ワシも、オレも、ワレも!〉とばかり、梶原弾劾の賛同者が続々と現れたのです。

     

    その数66人。合議制の13人をはるかに上回る数です。それどころか、合議制の御家人の大半が名を連ねていました。ふだんは慎重な事務方である大江広ひろ元もとも頼家に取り次がざるを得ません。

     

    梶原は頼家に呼び出され、弁明の機会をあたえられました。

     

    しかし、弁活巧みなはずの景時は黙して語らず。

     

    〈そんなにオレは嫌われているのか。ここが潮時かもしれんなぁ……〉
    〈くそっ、オレをはめやがった! いまに見ておけ!〉

     

    梶原の胸のうちは、どちらだったのでしょうか。

     

    あなたにオススメのセミナー

      編集・執筆業

      編集・執筆業。「広い視野で、わかりやすく」をモットーに、教養・雑学書の企画から執筆まで幅広く関わる。主なジャンルは、歴史・地理・時事・文章術など。日本史関連の著書に『おさらい3時間 !日本史のイロハ』(明日香出版社)、執筆協力に『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365歴史編』(文響社)ほか多数

      著者紹介

      連載「鎌倉幕府の謎」源頼朝と北条義時たち13人の時代

      ※本連載は大迫秀樹氏の著書『「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

      「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人

      「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人

      大迫 秀樹

      日本能率協会マネジメントセンター

      学校の授業で歴史を習うときに必ず出てくる「鎌倉幕府」。日本で初めて本格的な武士による政治のはじまりとして覚えさせられた人が多いことでしょう。そこで、習った人には思い出していただきたいのが、鎌倉幕府の成立は何年と…

      メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

      登録していただいた方の中から
      毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
      TOPへ