2代目「鎌倉殿」頼家と宿老13人の合議制をスタートした狙い イラストレーション=メイ ボランチ

源家の家督を継いだ頼家は、まだ18歳だったので、13人の古参役員たちによる合議制がスタートしました。この合議制の提唱者は、北条時政・政子父娘といわれます。大迫秀樹氏が著書『「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【関連記事】北条政子が頼朝の元へ…この駆け落ち婚が源頼朝を「鎌倉殿」に

13人の古参役員の合議制がスタート

■頼家への激しいバッシング

 

2代目「鎌倉殿」こと源頼家は、一般的に“無能”のレッテルが貼られています。

 

源家の家督を継いだ頼家は、まだ18歳でした。しかし、創業者との比較ゆえでしょうか、のちの北条政権を正当化するためでしょうか、『吾妻鏡』は頼家に容赦ありません。

 

最も有名なエピソードが、境相論への頼家の対応です。特に東国は無法地帯化していたこともあって、この争いは激しく、解決に数十年がかかる事案も少なくありませんでした。

 

先代の頼朝は両者の言い分を聞いたうえで、落としどころを見つけ、御家人の信頼を勝ち得てきました。御家人に多少の不満があったとしても、「鎌倉殿」が決定したことに異議は唱えられません。

 

では、頼家は土地争いにどう対処したのでしょうか?

 

あるとき、問注所執事の三善康信が親裁(君主の裁決)を仰ぎにきた事案に、頼家は地図の中央に墨でささっと線を引き、〈これにて一件落着!〉とばかりに裁決したというのです。

 

さらに、気まぐれで人事権を行使し、これまで幕府を支えてきた御家人の守護職を解任した。有力御家人の広大な所領を取りあげ、所領をもっていない者に配分しようとした。蹴鞠や鷹狩に夢中になって、政務をないがしろにした……。

 

すべて『吾妻鏡』の記述です。

 

こうした頼家の悪政に、放っておけないと立ち上がったのが、先代を支えてきた高齢の役員たちでした。

 

〈このまま2代目に経営を任せたままだと、会社は倒産してしまうぞ!〉
〈すでに多くの社員の心は離れつつある。かといって、社長をクビにするわけにはいかないし。困ったのぅ……〉

 

そこで、13人の古参役員たちによる合議制がスタートしたのでした。古参役員とは、初代「鎌倉殿」を支えた東国ボスたちと実務経験豊かな官人たちのことです。

 

■2代目「鎌倉殿」悪政のホント?

 

合議制の提唱者は、北条時政・政子父娘といわれます。『吾妻鏡』には、頼家をめぐる次のエピソードも残されています。

 

〈有力御家人の安達景盛(盛長の子)には、美人の愛妾がいた。景盛の不在時、頼家はこの女性を連れ去った。そして近くの邸宅に囲いこみ、入りびたった。さらに「景盛が頼家を恨んでいる」という噂を耳にすると、景盛を抹殺しようとした。あきれた政子が、頼家を激しく叱責した。〉

 

いくら我が子とはいえ、見過ごすわけにはいかない。政子も危機感を抱いたというわけです。

編集・執筆業

編集・執筆業。「広い視野で、わかりやすく」をモットーに、教養・雑学書の企画から執筆まで幅広く関わる。主なジャンルは、歴史・地理・時事・文章術など。日本史関連の著書に『おさらい3時間 !日本史のイロハ』(明日香出版社)、執筆協力に『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365歴史編』(文響社)ほか多数

著者紹介

連載「鎌倉幕府の謎」源頼朝と北条義時たち13人の時代

※本連載は大迫秀樹氏の著書『「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人

「鎌倉殿」登場! 源頼朝と北条義時たち13人

大迫 秀樹

日本能率協会マネジメントセンター

学校の授業で歴史を習うときに必ず出てくる「鎌倉幕府」。日本で初めて本格的な武士による政治のはじまりとして覚えさせられた人が多いことでしょう。そこで、習った人には思い出していただきたいのが、鎌倉幕府の成立は何年と…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ