特集 不動産×相続対策

不動産×相続対策

基礎控除の引き下げに伴う対象者の拡大、そして最高税率が55%に引き上げ――相続税の大増税時代において、最も大きな影響を受けるのは、いわゆる「土地持ち」の人々だろう。特に都市近郊部の土地は高く評価され、高額の相続税が課されるケースも少なくない。相続税は現金納付が原則だが、資産が不動産に偏っている人(残念ながら日本人資産家の多くはそうだ)の場合であれば、納税資金に窮するケースすら出てくる。不動産は相続人間での分割も難しく、また相続税対策のために購入したアパートが「負の遺産」になっているなど、相続×不動産に関する悩みは枚挙に暇がない。本特集では、それらを解決する様々なアイデア、テクニック、具体的な手法等を紹介する。


■不動産相続の手続きの手順と方法

亡くなった人が土地や建物を所有していた場合、相続人は不動産の相続登記をします。相続登記とは、正確には相続による所有権移転登記のことです。相続登記の方法は、遺言書が残されているかどうかによって異なります。遺言書が残されている場合には、遺言書に沿って相続人を決めますが、遺言書がない場合は、相続人全員での協議によって、あるいは法定相続分で按分します。

ここでは、相続登記の3つの方法についての概要と手続きの手順について紹介します。

 

■遺言による相続登記
亡くなった人が遺言書を残していた場合は、原則としてその遺言書に沿って相続人を決定します。遺言書による相続登記は、後述する他の方法よりも優先されます。遺言書には、不動産の所在などの情報と、誰に相続させたいかの意思が記されているはずです。遺言書の内容に基づいて、不動産を相続することになった人が不動産の所有権移転登記を行います。

 

なお、遺言書には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言があります。公正証書遺言は、公証人役場で証人の立会いのもと作成されるため法的に有効なものとなりますが、自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合は、要式に反して作成されていたり、内容そのものに不備があったりして、無効になる場合もあります。例えば「不動産は長男に相続させる」と書いてあったとしても、どの不動産か特定できない場合もあるからです。また、自筆証書遺言と秘密証書遺言は、相続手続きの前に家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

 

■遺産分割による相続登記
遺言書が残されていない場合、相続人全員で話し合い、誰が何を相続するかを決定することができます。相続人全員で話し合うことを遺産分割協議と言い、決定事項をまとめ、相続人全員の署名、実印の押印がなされた書面を遺産分割協議書と言います。協議の結果、不動産を相続することになった人が所有権移転登記を行います。遺産分割協議による不動産の分割方法は以下の3つがあります。

 

◇現物分割
現物分割とは、財産ごとに取得する人を決めて分割する方法です。例えば、不動産が2つある場合、土地Aは長男、土地Bは次男というように、不動産ごとに相続人を決めます。この場合は、不動産を評価する必要がなく、不動産を現状のまま相続するので手続きは比較的簡単です。しかし、複数所有する不動産の価値はそれぞれ異なるので、公平性に欠ける場合もあります。現物分割の場合は、不動産を取得した人がそれぞれ所有権移転登記をする必要があります。

 


■代償分割

代償分割とは、特定の相続人が不動産を相続し、代わりに自分の財産を他の相続人に支払うという方法です。例えば、相続人が兄弟2人だけの場合、5000万円の不動産を長男が相続し、その代わり弟に2500万円を支払うといった具合です。この方法は公平に分割できるというメリットがありますが、不動産の相続人に代償金を支払う資力が必要です。また、不動産の価値を評価する必要があるため、手間がかかるというデメリットもあります。代償分割の場合は、実際に不動産を取得した人が、所有権移転登記をする必要があります。

 

◇換価分割
換価分割とは、不動産の一部あるいは全部を売却して、その代金を相続人で分割するという方法です。誰も不動産を取得したがらない場合などに向いている方法です。例えば兄弟2人が相続人として、不動産を5000万円で売却し、長男次男がそれぞれ2500万円ずつ相続することで公平に分割することができます。換価分割の場合は、一旦相続人全員の共有名義で登記をする必要があります。

 


■法定相続

遺言による相続分の指定がない場合は、民法で定められている法定相続分に沿って遺産を分割することができます。例えば、相続人が配偶者、実子2人の場合は、配偶者2分の1、実子4分の1ずつと割合が定められています。不動産を法定相続分で相続するということは、その不動産を共同所有するということです。法定相続の場合は、その後の管理が面倒になるというデメリットがあります。不動産を誰かに貸したいと思った場合や、売りたいと思った場合も所有者全員の同意と押印が必要になります。

さらに、相続した人の誰かが亡くなった場合、その人の持分は相続によってさらに細分化されてしまいます。そうなると関係する人が増え、権利関係も複雑になるため、不動産を活用することがますます難しくなってしまいます。そのため、不動産を共同所有にすることはあまりおすすめできません。

もし法定相続で申請する場合は、登記申請書の相続人の欄に、それぞれの住所、氏名、捺印に加え、持分も記入する必要があります。

 

■相続登記の必要書類
どの相続方法でも共通で必要となる書類は以下の通りです。

 

  • ・相続の対象となる不動産の登記簿謄本
  • ・被相続人(亡くなった人)の戸籍謄本
  • ・被相続人(亡くなった人)の住民票の除票
  • ・相続人(相続する人)の戸籍謄本
  • ・相続人(相続する人)の住民票

 

また、遺言による相続登記の場合は遺言書、遺産分割協議による相続登記の場合は遺産分割協議書の提出も必要です。さらに、専門家に手続きを依頼する場合は委任状の提出も必要です。 それ以外にも、被相続人との関係を示すための相続関係説明図、登録免許税の計算のための固定資産評価証明書が必要な場合もあります。司法書士など専門家に依頼すれば、必要書類の取得も代行してもらうことができますが、個人で手続きを行う場合は、必要書類について事前に法務局に確認しておくといいでしょう。

不動産の相続登記は、遺言書が残されているかどうかによって手続きに違いがあります。また、遺言書がない場合の不動産相続にはいくつかの方法がありますので、それぞれのメリット・デメリットを理解しておくことは大切です。 相続登記の手続きは個人で行うこともできますが、不備があって受理されない場合もあります。そのため、司法書士などの専門家に依頼することも検討するといいでしょう。登記をしないままでも罰則はありませんが、後々トラブルの原因となりますので、できるだけ早く手続きを済ませるようにしましょう。

相続税対策としての不動産投資…物件選びの留意点とは?
仲宗根 和徳
重要なのは「相続税の納税額を抑える」という点近年、収益不動産を購入する際に不動産会社に相談する人もいますが、ポータルサイトを見て購入する物件を決める人も増えてきました。しかし、ポータルサイトには、価格、物件の所在地そして利回りが載っており、利回りが高い物件ほど優秀な物件であると錯覚している人が増えてきたことは、問題視しなければなりません。 相続税対策において重要なのは、収益を追求することではなく、相続税の納税額を抑えることです。高利回り…
不動産を共有名義にすると「相続等で必ず問題が起きる」理由
松原 昌洙
共有持分の売買・相続により、権利者数が2ケタに!?本連載では、共有名義不動産をめぐってトラブルが起こったときの解決方法について紹介しました。それらの方法を利用することで共有状態をスムーズに解消することが可能となり、確実にトラブルから逃れることができるようになるはずです。 ここからは、そこからさらに一歩進んで、そもそもトラブルを起こさないためにはどうしたらよいのか、すなわち共有名義不動産のトラブルを事前に回避するための方法について詳しくみて…
相続税対策・・・なぜ「不動産の流動性」が重要になるのか?
仲宗根 和徳
評価額の減額だけが相続税対策ではない③現金化のしやすさが最重要「物件の流動性」が高いのは? 私が考えている相続の目的は、「親が持っている資産2億円の相続税評価額を下げ、時間をかけてでも子どもに2億円として残す」ことです。しかし、多くの人が相続税対策に失敗してしまう理由は、図表のように相続税評価額を下げるところまでしか考えていないからになります。 [図表] 本来、相続税対策の流れとしては、相続税評価額を下げ、その後、収益を確保しながら物件の…
なぜ相続対策を立てるには「贈与税」の知識が不可欠なのか?
辻中 修
相続税と贈与税は「相互補完」の関係1.概要 贈与税は、個人が不動産、株式、現金などの財産を無償で取得した場合のほか、受けた経済的利益が実質的に贈与と何ら変わらないもの(みなし贈与財産)について課される税金です。 (1)相続税との関係 相続税と贈与税は相互補完関係にあります。つまり、子孫や配偶者に財産を生前に渡す場合には贈与税が課され、死亡時に渡す場合には相続税が課税されます。また、贈与税に適用される税率の累進性を相続税に適用される税率の累…
相続のたびに「複雑化」する共有名義不動産の問題
松原 昌洙
相続発生のたびに増加する「新たな共有者」前回の続きです。 以上のような共有名義不動産に関するトラブルや問題は、世代を越えて引き継がれていく可能性が高いことに注意しなければなりません。 まず、共有名義不動産の共有者が死亡したとき、相続人がいない場合には、民法の規定に従って亡くなった共有者の持分は他の共有者に帰属します。たとえば、甲土地について共有者のX、Y、Zが3分の1ずつ持分を持っている状態で、Xが相続人のいないまま死亡した場合、その持分は、…
不動産、有価証券…「争続」になりにくい保有資産の割合
相馬 耕三
2014年度の相続財産の内訳は、不動産関係が5割日本国内において、相続財産がどのような内訳となっているのかを国税庁発表の資料により少し見ておきましょう。2014年度分の相続税の種類別取得財産価額の総額が約12兆4086億円に対して、次のようになっています。 ●土地は41.5%の5兆1469億円●現金・預貯金は26.6%の3兆3054億円●有価証券は15.3%の1兆8966億円●家屋・構築物は5.4%の6732億円●その他は11.2%の1兆3865億円なお、この国税庁の数字は生命保険を「その他」…
被相続人が外国人である場合の「相続の準拠法」
東京弁護士会法友会
当該外国人の本国法の相続に関する法制を把握する準拠法の確認 日本に不動産を所有する外国人が死亡した場合, 相続の開始, 相続人の範囲・順位, 法定相続分といった問題について,法の適用に関する通則法36条により,日本の民法ではなく,当該外国人の本国法の相続に関する法制を把握し,それに従って相続の問題を処理しなければならない。 当該外国人の本国法によれば,例えば不動産の相続に関する準拠法は,不動産所在地の法律が適用されるとされている場合には,日本の…
不動産投資による「後悔しない相続税対策」のポイント
仲宗根 和徳
初心者が参入すべきでない、難易度の高いアパート経営ここでは、アパート経営とワンルームマンション経営を比較しながら、後悔しない相続税対策について確認していきたいと思います。 相続税改正により行き過ぎた相続税対策がもたらした影響も多々ありますが、かといって相続税対策をしないわけにもいかない人も多いはずです。相続税対策をしなければいけない人のすべてが、不動産投資をやりたいから不動産投資を選択しているわけではありません。不動産投資が相続税対策に…
相続税対策としてのアパート建築・・・失敗する人の特徴とは?
仲宗根 和徳
考えているのは「相続税評価額を下げる」ことだけ!?前回の続きです。それではなぜ、このようにアパートの建築が過熱したのでしょうか。理由は、明白です。地方の地主さんが、相続税対策として安易に自分が持っている土地に借金をしてアパートを建築しているからになります。自分が所有している土地が、賃貸に適しているかどうかまで考えずに、とりあえずアパートを建築していることが大問題です。 こういった人たちは、図表1のように相続税評価額を下げることだけを考えて…
「評価規定」への深い理解で正しい評価を勝ち取る
森田 義男
路線価が設定されていない土地が存在する!?前回は、「評価の細部や微妙な部分の規定は、放置されたり、粗っぽく定められたりしている」ことにいて、無道路地の具体例をあげながら、いかに対応すべきかについて述べました。今回は路線価のない道路などについて見ていきましょう。 (2)路線価のない道路いろいろな土地を評価していると、たまに下記の図表1のような、路線価が設定されていない土地に出くわします。税務署の担当者が道路の存在に気づいていないケース(たとえ…
二次相続対策のための「贈与」活用時の注意点
倉持 公一郎
贈与した「証拠」は必ず作る前回に引き続き、「贈与」活用時の注意点について見ていきます。2つ目の注意点として挙げられるのが、贈与したつもりが「名義預金」だったという場合です。名義預金とは、夫の収入を奥さんの口座に入れている、親のお金を親が作った子の名義の口座に入れている、というような預金のことです。 口座を移し替えたということだけでは、厳密に言えば贈与したことにはなりませんので、必ず贈与した証拠を作ることが必要です。 そのためには、贈与契…
評価規定の曖昧部分をしっかり節税に利用する方法
森田 義男
評価に「ブレ」が生じる原因は3つに集約これまでの連載で土地の評価について解説をしてきましたが、評価にブレが生じる主な原因をまとめると、下記の3つの点に集約されます。 ①評価規定の簡便さ評価規定は不動産の素人が使用します。複雑なものは使い切れません。②評価規定の拙劣さ 評価規定を作成した国税庁も不動産の素人です。その精度・正確性には期待できません。③評価規定の曖昧さ上記二点から、評価の細部や微妙な部分の規定は、放置されたり、粗っぽく定められ…
配偶者が財産の大半を相続した場合の二次相続対策とは?
倉持 公一郎
一時相続後に生前贈与を有効活用前回、相続税の節税を考えるなら、一次相続と二次相続合わせての税額から分割をシミュレーションすべきだとお伝えしましたが、配偶者に財産のすべてもしくは大半を相続させることに対しては、筆者も異論はありません。しかし、最終的に多くの相続税を支払っても仕方がない、とお伝えしたいわけではありません。配偶者に財産を多く分割したとしても、ある1つの方法をとれば、最終的に節税がかなうのです。 その方法は、一次相続後に生前贈与…
減額ゼロの「土地の手抜き評価」が横行している理由
森田 義男
貸家の評価単位は、あくまでも「1棟の敷地」ごと本連載の第13回で、アパートなどの貸家や底地は、それぞれ独立した評価単位になると説明しました。実は複数の貸家等があった場合には、その1棟の敷地ごとが独立した評価単位になります。 しかし、そうであれば下記にあげた図表の①の土地のA、B棟のそれぞれの敷地の地形や面積を特定しなければ評価ができません。 [図表]簡易測量と減額評価                              むろんB棟の敷地…
財産の「棚卸」完了後の土地活用・処分の進め方
財産の「棚卸」ができたら推定税額を算出するさて、これですべての土地の調査がすみ、残すべき土地・処分を検討したほうがいい土地の選別が終わりました。測量が未着手のものについてはなるべく早い時期に測量を進め、隣地との境界を確定しておくようにしたいものです。 売却や物納に際しては地積測量図および境界に関する確認書が必要になりますから、Cランクの土地については優先的に行うようにしましょう。ご本人が健在のうちに実施しておけば、相続が発生してからでも…
二次相続を視野に入れた税額シミュレーションの具体例
倉持 公一郎
税額は一次相続と二次相続のセットで考える二次相続まで考えるというのは、いったいどういうことなのでしょうか。図表を用いて実際にシミュレーションをしてみましょう。図表は前回の例と同じ条件で、相続財産はそのまま現預金2億円、相続人は配偶者と子1人です。 一次相続で配偶者がすべての財産を取得した場合、いうまでもなく配偶者控除を適用できますので相続税はゼロとなります。しかしそうした場合、二次相続では配偶者控除のない子が1人でその財産を相続するわけで…
土地の実情を反映していない路線価評価の各種補正率
森田 義男
土地の「癖」は基本的にすべてが価格下落要因評価単位が定まったところで、今度は路線価評価の考え方、基本についてご理解いただきます。 まず、面積や地形等の面で標準的な土地を前提に、その接面道路に地価相場を反映した路線価(㎡単価、単位は千円)を設定します。そして、この路線価に土地の面積をかければ、その土地の評価額が求められます。 下記にあげた図表にあるA地は路線価が100千円(10万円)で、面積が150㎡ですから、1500万円となるわけです。[図表1]さま…
「地盤の悪い土地」「無道路地」「がけ地」を処分すべき理由
地盤の悪い場所は「昔の地名」なども参考に前回に引き続き「Cランク」として位置づけた土地の具体的な種類を見ていきましょう。 ③地盤の悪そうな土地2011年3月に起こった東日本大震災のとき、千葉県の浦安市などで土地の液状化現象が起こり、大きな話題となりました。これらは地盤のゆるさから起こったものです。 一般的には水と関係した地名がつけられている場所は、地盤がゆるいと言われています。「渋谷」「池袋」、さらには「蓮沼」「滝野川」など、都区内でも大昔は…
二次相続まで視野に入れた対策が必要な理由
倉持 公一郎
配偶者控除を使って一次相続を乗り切ったが・・・財産が自宅しかない場合や「ワケあり不動産」を所有している場合、それを売却するという選択肢が出てきます。売却によって1億〜2億円の現預金が手元に残るということは十分に考えられます。 現預金を持ったまま相続が発生した場合、現預金には不動産などと違って評価減はありませんから、当然、不動産のままで財産を所有しているよりも、相続税評価額は高く算出されますし、相続税が高くなっていくことは間違いありません。…
処分・整理すべき土地の種類とは?
Cランク・・・処分・整理すべき不動産前回までの順位付けから判断すると、処分・整理すべき不動産は、基本的には収益を生み出さない、持っていると固定資産税が出ていくだけの「お荷物」になりそうなもの、ということになります。 これらの不動産は、処分・整理の対象となります。したがって、さらに細分化して棚卸をしておく必要があります。 ただし、不動産にはそれぞれのご家庭の歴史が集約されていることが多いものです。収益性があるかないかという、合理的な視点だ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!