著者紹介

杉本 ゆかり

跡見学園女子大学兼任講師
群馬大学大学院非常勤講師
現代医療問題研究所所長

中央大学大学院戦略経営研究科修士課程(MBA)を首席で修了、同大学院同研究科博士課程にて博士(経営管理)取得。医療福祉専門学校の学校長を経て現職。医師会・医療機関・製薬会社等で講演活動を行う。専門は医療マーケティング論、マーケティング論、企業マネジメント論など。

書籍

患者インサイトを探る 継続受診行動を導く医療マーケティング

『患者インサイトを探る 継続受診行動を導く医療マーケティング』

杉本 ゆかり

「患者インサイト」とは、患者が心の奥底で考えている本音であり、医療に関する意思決定である。この患者インサイトを明らかにすることで、患者への情報提供や情報収集など、患者との効果的なコミュニケーション理解できるようになる。 本書の大きな特徴は、疾患別に患者インサイトを明らかにしている点である。増え続ける生活習慣病を含めた慢性疾患患者に焦点を当て、患者インサイトを探っていく。慢性患者にとって継続的に受診し、定期的な医療を受けることは不可欠である。本書では、医療経営に活かせる、患者の継続受診行動を高めるためのヒントを提言する。

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧