著者紹介

永峰 潤

永峰・三島会計事務所

パートナー

公認会計士・税理士。 東京大学文学部西洋史学科卒業。米国ペンシルヴァニア大学ウォートンスクール卒業(MBA)。等松青木監査法人(現監査法人 トーマツ)、バンカーズ・トラスト銀行(現ドイツ銀行)を経て、現在、永峰・三島会計事務所パートナー。

書籍

海外資産の相続

『海外資産の相続』

永峰潤・三島浩光

金融商品や不動産など、海外資産の相続は、手続きが面倒なため、家族の誰も欲しがらないお荷物になってしまうことが多い。ただでさえ複雑な日本の相続税に、国や地域によって異なる税制が絡んでくるため、その処理にも煩わされる。本書では、海外資産を優良資産としてスムーズに残すための相続対策を、国や地域ごとに紹介する。

書籍紹介

富裕層のための海外分散投資

『富裕層のための海外分散投資 』

永峰 潤,三島 浩光

世界で2番目に「金持ち」が多い国、日本。現金、預貯金のまま資産を保有し続ける傾向が日本の富裕層の特徴であった。 そんな日本の富裕層の投資スタイルに、最近、大きな変化が現れ始めている。 「資産防衛」と「相続対策」の観点から、資産の一部を海外資産で保有する「海外分散投資」が本格化しているのだ。しかし、海外投資には固有のリスクも少なくない。とりわけ、国際的な税務リスクについては一般向けの解説書がないこともあり見落とされがちであるが、対応を誤れば大きな損失につながりかねない。 本書では、国際税務の専門家という立場から、海外投資の基本的な知識や海外と日本における国際課税の仕組みやルールなどがわかりやすく解説されている。

書籍紹介

掲載記事

[連載]国や地域ごとに理解する「海外資産」の相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧