書籍詳細

『相続税の税務調査を
 完璧に切り抜ける方法[改訂二版]』

相続税の税務調査を 完璧に切り抜ける方法[改訂二版]

服部 誠

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2020年3月

ある日突然訪れる「税務調査」にどう対処したらよいのか。
資産税に強いベテラン税理士に学ぶ、相続税と税務調査対策。

資産の多寡にかかわらず税務調査は訪れる。そんなとき、何を準備しどう対処したらよいのか? 相続税対策のノウハウが分かる1冊。

2015年に相続税の基礎控除額が減額されたことにより、相続税が課税される人の割合は倍増、その後も毎年増え続けている。
「もしかしたら、うちも相続税が課税されるのでは? 」「課税されるとしたらいくらかかるのだろう? 」と心配している方がいるのではないだろうか。
しかし、相続税に関して大切なことはまだほかにもある。
それが、「相続税の申告の後にやってくる『税務調査』への対応」である。
税務調査が入るのは、申告漏れが想定される場合においてのみなので、漏れのない相続税の申告書を作成することが重要となる。
それでも、万が一、税務調査が来たらどうしたらよいのか?
本書では、ほかではあまり知ることのできない税務調査の実態や、税務調査を意識し相続税の「生前贈与」などの節税対策も含め、税務調査を完璧に切り抜けるためのさまざまなノウハウを紹介。
「改定二版」では、好評だった「初版」「改訂版」の内容に加え、税務当局の最新動向についても解説している。

税理士法人レガート
代表社員・税理士

昭和34年1月生まれ。中央大学商学部卒。昭和58年6月税理士登録。
人と人とのつながりを大切にした「誠実な対応」「迅速な対応」「正確な対応」をモットーに、税・財務の専門家として、個人の資産運用や相続・事業承継に関するコンサルティング、相続申告業務において多数の実績を持つ。相続申告・贈与申告・譲渡申告等の関与件数は1,200件を超え、その経験を基に全国での講演活動や書籍などの執筆活動も行っている。

著者紹介

掲載記事

[連載]資産税専門税理士が教える「税務調査対策」の要諦

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ