著者紹介

森川 夢佑斗

アルタアップス株式会社

代表取締役CEO

1993年生まれ、大阪府出身。京都大学在学中にAltaApps株式会社を創業し、仮想通貨のウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを行う。現在は、株式会社Gincoの代表取締役として、仮想通貨時代の新たな銀行の構築を目指す。また、株式会社OnokuwaのCSOとしても参画。著書に『ブロックチェーン入門』(ベスト新書)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。

書籍

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

『一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017』

森川 夢佑斗

電気代を暗号通貨で支払えるようになる――こんなニュースが伝えられるなど、「暗号通過経済」の到来が間近になっている。本書は「ビットコイン」をはじめとする暗号通貨やそれを支えるブロックチェーンについて、興味を持っている人向けの入門書。初心者向けに、各暗号通貨についての解説を図とともに掲載。まず直感的に暗号通貨ごとの特徴を捉えて概要を丁寧に説明し、具体的な解説に入っていく。巻末には用語集も付属。本書を通じて、さまざまな暗号通貨やブロックチェーンの概要、そして新たに登場したトークンの利用例を知ることで、近い未来に現実になるかもしれない「暗号通貨経済」に備えて今、自分たちが何をできるか、考える契機となるだろう。

書籍紹介

ブロックチェーン入門

『ブロックチェーン入門』

森川 夢佑斗

ここ1年でブロックチェーン技術を取り巻く社会は、 大きく変化しました。 連日、ニュースの見出しにブロックチェーンおよび ビットコインという言葉が踊っています。 しかし、その一方で、ブロックチェーンという言葉が 独り歩きしていることも否めません。 そうした状況を踏まえ、一般の人でも手軽に読める ブロックチェーンの入門書を作ろうというのが、 本書の狙いです。 ブロックチェーンの本質は、中央管理者のいないこと、 つまり分散化です。 分散化という威力が、あらゆる産業にイノベーションを もたらす可能性があるのです。 本書では、ブロックチェーン技術とその背景にある コンセプトや仕組み、そしてビットコインなどの実用性に ついて解説しながら、分散化のもたらす可能性について 触れました。

書籍紹介

掲載記事

[連載]初心者のための「暗号通貨」入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧