▲トップへ戻る
PoWに代わる方式「プルーフ・オブ・コンセンサス」の概要

前回は、新たな送金方法として注目される「リップルネットワーク」の概要を説明しました。今回は、PoWに代わるコンセンサス方式とも言われている「プルーフ・オブ・コンセンサス」の概要について見ていきます。

数秒以内に承認が完了、超高速取引が可能に

リップルではビットコインと同様に、ユーザーが持っているIOUを台帳に記録して分散的に管理しています。その台帳は「ブロックチェーン」ではなく、より広義の意味を持つ「分散型台帳(distributedledger)」と呼ばれています。この分散型台帳の整合性の担保は、暗号通貨ネットワークで行われるPoWを担うコンピューターの膨大な計算によるものではなく、一部の承認者(Validator)と呼ばれる役割を担う人によって承認が行われます。承認者のリストをユニーク・ノード・リスト(UNL)と呼び、UNLの80%以上が有効と判定した場合、UNLの承認者たちによって管理されている分散型台帳に記録されます。

 

この仕組みはPoWに対して、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus、PoC)と呼ばれています。PoCによる承認作業では、PoWによるマイニング作業のように電気を消費する必要がなく、数秒以内に承認が完了するため、非常に速い取引が可能になります。

 

またUNL内の各承認者は、お互いをリップルネットワークの承認者として許可し合うことでネットワークを形成しており、許可されなかった承認者はネットワークから除外されることになります。

 

現在、UNLの管理はリップル社が行っており、その中にリストされている承認者のほとんどは同社が管理しているサーバーで構成されています。そのため、リップルネットワークの取引の承認は実質的にリップル社が行っていることに等しく、中央集権的なネットワークと捉えられるかもしれません。

 

リップル社が公開している計画によると、今後段階的に同社で管理しているサーバーを停止していき、他のノードを承認者として加えていくことによって非中央集権的なネットワークにしていくとの方針を表明しています。

 

リップルは、このシステムを世界の銀行・記入機関に導入してもらうために積極的な活動を行っています。こういったリップルを利用している銀行が将来的には承認者となり、ネットワークを支えていくこともあり得るでしょう。

ゲートウェイの「カウンターパーティリスク」に注意

リップルネットワーク内のユーザーのXRPおよびIOUの残高は分散型台帳により管理されており、カウンターパーティリスクはありません。

 

しかし、IOUの発行元であるゲートウェイは、前述した通り銀行のような役割を担っているため、本質的には倒産やハッキングといったカウンターパーティリスクを内包しています。つまり、100万円を預けて100万円分のIOUが発行されたものの、IOUを返還し100万円を再度受け取る前に倒産してしまったり、資産が何らかの組織内外のハッキングによってなくなってしまうという可能性があります(カウンターパーティリスク)。

 

そのためゲートウェイを利用する際には、その都度利用するゲートウェイがどの程度信用できるかが非常に重要になってきます。つまり、ゲートウェイを担当するIOUの発行企業は、本当に銀行が行うような業務を担える信頼性と体制を持つのかどうかが課題になります。

 

また、ゲートウェイの中には独自の通貨の代替価値としてIOUを発行している場合もあります。この価値はリップルネットワーク上で分散型台帳に記録されるため、価値の所在や残高の改ざんなどの恐れは担保されています。

 

しかしIOUの価値はゲートウェイを運営する企業や個人に委ねられていますので、もし悪意のあるゲートウェイならば、円やドルを受け取り、独自通貨のIOUを発行するだけし、そのIOUを返還してももとの円やドルに交換してくれない可能性も十分にあり得るでしょう。

アルタアップス株式会社 代表取締役CEO

1993年生まれ、大阪府出身。京都大学在学中にAltaApps株式会社を創業し、仮想通貨のウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを行う。現在は、株式会社Gincoの代表取締役として、仮想通貨時代の新たな銀行の構築を目指す。また、株式会社OnokuwaのCSOとしても参画。著書に『ブロックチェーン入門』(ベスト新書)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。

著者紹介

連載初心者のための「暗号通貨」入門

本連載は、2016年11月24日刊行の書籍『一冊でまるわかり 暗号通貨 2016~2017』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

森川 夢佑斗

幻冬舎メディアコンサルティング

電気代を暗号通貨で支払えるようになる――こんなニュースが伝えられるなど、「暗号通過経済」の到来が間近になっている。本書は「ビットコイン」をはじめとする暗号通貨やそれを支えるブロックチェーンについて、興味を持って…

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧