▲トップへ戻る
リング署名で匿名性を高めた暗号通貨「モネロ」の概要

前回は、匿名性の高い取引機能が大きな特徴である暗号通貨「ダッシュ」の概要を説明しました。今回は、リング署名で匿名性を高めた暗号通貨「モネロ」の概要を見ていきます。

匿名性に優れた暗号通貨

モネロ(Monero)はバイトコイン(Bytecoin)をフォークして開発された匿名性に優れた暗号通貨です。2014年4月にリリースされ、当初はビットモネロ(BitMonero)という名称でした。これはBitcoinの「Bit」とエスペラント語でCoinの意味にあたる「Monero」を組み合わせたものです。その後、コミュニティ内で名称を省略して「Monero」と呼ぶようになり、今の名称になりました。

 

バイトコインと異なる点として、承認時間が1分であることや、発行量に上限がないことが挙げられます。また、モネロには1MBのブロックサイズ制限がないため、ビットコインのようなネットワークの拡張性の問題(スケーラビリティ問題)が起きにくいと言われています。

匿名性を高める取引方式「Ring Signature」とは?

モネロは、Ring Signature(リング署名)という取引方式を取り入れることで、匿名性に優れた送金取引を実現しています。一般的な取引で行われる送金時にはデータの署名がなされます。その時、署名は各自がそれぞれ持つ秘密鍵(プライベートキー)と公開鍵(パブリックキー)を用いて行われるため、誰が行った署名かを容易に特定できてしまいます(図表1)。しかし、リング署名の場合は複数人の公開鍵を束ねて利用する方法にすることで、誰が署名したものかを特定しにくくします(図表2)。利用者は、特定のグループだけに属するわけではないので、他のグループのリング署名に参加することで特定することが困難となり、匿名性が高まります(図表3)。

 

[図表1]

[図表2]

[図表3]

 

【基本情報】

名称:Monero(旧BitMonero)

呼び方:モネロ(旧ビットモネロ)

コード:XMR

開発者/開発組織:MoneroProject

暗号化方式:CryptoNight

コンセンサスアルゴリズム:ProofofWork/CryptoNightがベース

承認目安時間:約1分

上限発行量:上限なし

アルタアップス株式会社 代表取締役CEO

1993年生まれ、大阪府出身。京都大学在学中にAltaApps株式会社を創業し、仮想通貨のウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを行う。現在は、株式会社Gincoの代表取締役として、仮想通貨時代の新たな銀行の構築を目指す。また、株式会社OnokuwaのCSOとしても参画。著書に『ブロックチェーン入門』(ベスト新書)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。

著者紹介

連載初心者のための「暗号通貨」入門

本連載は、2016年11月24日刊行の書籍『一冊でまるわかり 暗号通貨 2016~2017』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

森川 夢佑斗

幻冬舎メディアコンサルティング

電気代を暗号通貨で支払えるようになる――こんなニュースが伝えられるなど、「暗号通過経済」の到来が間近になっている。本書は「ビットコイン」をはじめとする暗号通貨やそれを支えるブロックチェーンについて、興味を持って…

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧