匿名性の高い取引機能がウリ 暗号通貨「ダッシュ」の概要

前回は、日本発の暗号通貨である「モナーコイン」の概要を解説しました。今回は、匿名性の高い取引機能が大きな特徴である暗号通貨「ダッシュ」の概要を説明します。

セキュリティに優れている暗号化方式「X11」

ダッシュ(DASH)は、バイトコイン(Bytecoin)をフォークして開発された匿名性に優れた暗号通貨です。2014年7月に公開され、当初はダークコイン(Darkcoin)という名称でした。その後、2015年5月にダッシュに改名されました。

 

ダッシュの大きな特徴は、初期の名称の由来にもなったダークセンド(Darksend)という匿名性の高い取引機能と、その後のダッシュへの改名の由来となった「InstantX」という即座に送金が完了する機能です。また、暗号化方式に「Scrypt」よりも電力消費が少ないうえ、セキュリティに優れていると言われる「X11」を採用しています。

 

X11とは暗号化方式の1種で、11種類のハッシュ関数(blake、bmw、groestl、jh、keccak、skein、luffa、cubehash、shavite、simd、echo)を組み合わせたもの。X11は、複数のハッシュ関数を利用することでセキュリティに優れているだけでなく、消費電力もScryptより低いと言われています。

 

また、ダッシュネットワーク内には一般のブロックチェーンを構成するノードに加えて、マスターノード(Masternode)と呼ばれる特別なノードが存在します。このマスターノードに参加するためには、1000ダッシュ以上を保有している必要があります。1000ダッシュを指定のアドレスに送ることでマスターノードネットワークに参加することができます。そしてマスターノードは「ダークセンド」や「InstantX」といった特定サービスの運用を支える対価として、手数料のうち45%を分け合います。

匿名性の高い取引形式「Darksend」も採用

ダークセンドは、ビットコイン用にグレゴリー・マクスウェル(GregoryMaxwell)氏が開発したコインジョイン(CoinJoin)という取引の方法をもとに作られています。

 

コインジョイン方式とは、一般的な暗号通貨の送金とは異なり、同時期に送金をしようとしている複数ユーザーのコインを一度プールしてから、個別に送金していく取引方式です。

 

例えば、送金をしたいと思っている2組のペア、AさんとBさん、CさんとDさんがいるとします。AさんはBさんに3ダッシュを、CさんはDさんに1.2ダッシュをそれぞれ送りたいと考えています。

 

まず送金主であるAさんとCさんのコインは、BさんとDさんのもとに送金される前に一度まとめられ、4.2ダッシュ分の送金プールができます。ここから、送金先であるBさんとDさんにそれぞれ送金が行われます。

 

ここで、BさんとDさんに送金する際に、送金金額を0.1ダッシュ、1ダッシュ、10ダッシュ、100ダッシュ毎に小分けして送金を行うように調整します。このようにして、匿名性を高めた送金を実現しています。

 

今回の例では、理解しやすいようにAさんからDさんまでの4人だけでしたが、実際の取引では多くの参加者が存在するので、匿名性をより高めることができます。また、このDarksendの利用にはルールが設けられており、参加者が少なくとも3人以上必要なことや、送金額は1000ダッシュまでといった制限のもとに行われます。

 

実際にブロックチェーン上に送金記録が残るのは、送金プールから個別の送金先に送金が行われた部分のみで、誰が送金を行ったかまでは追跡することができません。最初の送金主から送金プールへのコインの移動は、ダッシュネットワーク内のマスターノードと呼ばれる特別なノードが行うことで、ブロックチェーン上に記録せずに実行可能です。この時、マスターノード自体も誰がどの金額の送金を行っているかを知ることはできない仕組みになっています。

 

「InstantX」を用いて行われた取引は、ダッシュネットワークに参加している一般のノードを介するのではなく、ランダムに選ばれたマスターノードによって承認作業が行われます。これにより、最も利用されているビットコインの承認作業の場合の約10分に比べて、格段に速く取引を承認することができます。「InstantX」の承認時間は、約4秒で完了します。これにより、承認時間の問題で難しいと言われていた店頭決済などの応用も可能になると考えられています。

 

また、不正を引き起こす可能性のある手法であるダブルスペントへの対策も行われており、マスターノード間で確認された取引と重複する一般ノードを介した取引が検知されると、その取引を承認しないように処理されます。

 

【基本情報】

名称:Dash(旧Darkcoin)

呼び方:ダッシュ(旧ダークコイン)

コード:DASH

開発者/開発組織:DASHFOUNPATLON

暗号化方式:X11

コンセンサスアルゴリズム:ProofofWork

承認目安時間:約2.5分

上限発行量:約2200万

アルタアップス株式会社 代表取締役CEO

1993年生まれ、大阪府出身。京都大学在学中にAltaApps株式会社を創業し、仮想通貨のウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを行う。現在は、株式会社Gincoの代表取締役として、仮想通貨時代の新たな銀行の構築を目指す。また、株式会社OnokuwaのCSOとしても参画。著書に『ブロックチェーン入門』(ベスト新書)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。

著者紹介

連載初心者のための「暗号通貨」入門

本連載は、2016年11月24日刊行の書籍『一冊でまるわかり 暗号通貨 2016~2017』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

森川 夢佑斗

幻冬舎メディアコンサルティング

電気代を暗号通貨で支払えるようになる――こんなニュースが伝えられるなど、「暗号通貨経済」の到来が間近になっている。本書は「ビットコイン」をはじめとする暗号通貨やそれを支えるブロックチェーンについて、興味を持って…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧