[連載]【公認会計士が指南】会計嫌いの社長のための会計学入門

中小企業の経営者に不可欠な「会計」の知識とセンス。しかし実際には、多くの社長が会計を苦手とし、敬遠しています。なぜでしょうか? 多数の業経営者のサポートを通じ、中小企業の実情を知り抜く税理士・公認会計士が、会計額を知ることのメリットと、そこから広がる収益拡大の可能性について、明快に解説していきます。

本連載の著者紹介

税理士法人小形会計事務所 所長
株式会社サウンドパートナーズ 代表
 税理士・公認会計士

1979年11月、神奈川県生まれ。税理士、公認会計士。2002年に中央大学商学部卒業、公認会計士2 次試験合格、監査法人太田昭和センチュリー(現 EY新日本有限責任監査法人)に入社。
2006年、公認会計士登録。2013年7 月に新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退職、同年8 月に税理士法人小形会計事務所入所、TKC全国会入会。
2013年10月に税理士登録。現在、税理士法人小形会計事務所所長、株式会社サウンドパートナーズ代表。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ