公認会計士もグッタリ…やりて経営者にありがちな「経費の無駄遣い」王道パターン (※写真はイメージです/PIXTA)

稼いでも稼いでも、少しも会社にお金が残らない。バリバリと働き、いかにもやり手の経営者なのに、なかなか目に見える成果が上がらないのは、明らかな原因があるはずなのです。よくあるケースについて、中小企業をサポートする公認会計士が平易に解説します。

【関連記事】社長の節税の王道「4年落ちの高級外車購入」は本当に得なのか

浪費家タイプの社長が着目すべきは「固定費」

固定費は無駄遣いが多くなるところなので、定期的な見直しが必要です。

 

たくさんお金を使っている社長は「やりて」に見えますが、実は単なる浪費家ということがほとんどです。会社にお金を残すためには浪費を慎まなくてはいけません。

 

会社のお金を正しく使うためには、4つの質問に順番に答えながら、固定費に問題がないかを確認するのがポイントです。

 

質問1:本日までの経常利益は、前年の本日までの経常利益を超えていますか?

 

経常利益は損益計算書に書かれているので、すぐに確認できると思います。まずは単純に前年比較から、増減を確認してください。

 

質問2:経常利益の伸びは、限界利益の伸びを超えていますか?

 

この質問の意図は、経常利益の伸び幅に見合った固定費になっているかを確認することにあります。もし経常利益の伸びが、限界利益の伸びを下回ったのであれば、固定費が業績の足を引っ張っているということになり、固定費を抑える必要があります。

 

質問3:当期の労働分配率は前期よりも改善されていますか?

 

固定費のなかでも人件費はむやみに下げるべきものではありません。利益に見合った給料をきちんと払えているのかを、労働分配率を基に確認するようにしてください。

 

社長は、日常業務で部下が何をしているかを把握し、成果をきちんと給与に反映する制度づくりをする必要があります。もちろん、役員も、役員報酬に見合う成果を上げているかを確認します。

 

そして、人を採用するときは安易に考えず、労働分配率を意識しながら、DXによる業務改善を進めます。

 

質問4:「人件費以外の固定費」がなぜ増減したのか、押さえていますか?

 

質問3までをチェックしていくと、人件費以外の固定費が増えているのか、あるいは減っているのかが分かるはずです。ここから、設備投資や接待交際費、広告宣伝費など、無駄な固定費がないかを検証していきます。

 

人件費以外の固定費が増えているのであれば、増えた理由と、「費用に対する効果が出ているか」ということを確認します。

 

まず、設備投資が増えたケースです。この場合は稼働率を確認してください。常に事業に使っていなくてはいけません。最大限かつ長い期間パフォーマンスを発揮してもらうためにも、メンテナンスにはしっかりお金をかけるようにしましょう。稼働率が低い遊休資産は、置いておくだけ無駄ですし、どんどんリセールバリューも下がっていくので、早急に売却してください。

 

こういう意識があれば、そもそも設備投資をするときの無駄遣いを減らすことができます。「これが本当に必要なのか?」「低グレードのものや中古品でも十分なのでは?」「もしかしたら社内の設備の修繕でも十分かも」といったことに気づけます。

 

広告宣伝費も、やはり効果にこだわってください。広告宣伝費については、効果測定ができるはずです。広告を出したことにより、売上高がどれくらい伸びたのかを、数値で調べます。できれば、単価アップにつながったのか、販売数アップにつながったのかといった分析をしてください。そうすることで、「広告費1円あたり、売上高が2円増えた」といったことが見えてくると思います。

 

こうした検証は定期的にすることをお勧めします。広告の効果は、だんだんと落ちていくのが一般的なので、どこかの段階で費用に効果が見合わなくなってくるはずです。そうしたタイミングで、広告の打ち出し方を変えたり、取りやめたりすれば、損を避けることができます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

税理士法人小形会計事務所 所長
株式会社サウンドパートナーズ 代表
 税理士・公認会計士

1979年11月、神奈川県生まれ。税理士、公認会計士。2002年に中央大学商学部卒業、公認会計士2 次試験合格、監査法人太田昭和センチュリー(現 EY新日本有限責任監査法人)に入社。
2006年、公認会計士登録。2013年7 月に新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)退職、同年8 月に税理士法人小形会計事務所入所、TKC全国会入会。
2013年10月に税理士登録。現在、税理士法人小形会計事務所所長、株式会社サウンドパートナーズ代表。

著者紹介

連載【公認会計士が指南】会計嫌いの社長のための会計学入門

本記事は『たった3か月で売上高倍増!これだけは知っておくべき社長の会計学』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

たった3か月で売上高倍増!これだけは知っておくべき社長の会計学

たった3か月で売上高倍増!これだけは知っておくべき社長の会計学

小形 剛央

幻冬舎MC

「会計」と聞くと、「面倒だけどやらなくてはいけないもの」というイメージを持つ人は少なくないはずです。 税務申告のため、融資を受けるため、売上や利益の金額を確認するため…。会計の役割をそういったものだけだととら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ