書籍詳細

『シン・サラリーマンの心療内科』

シン・サラリーマンの心療内科

遠山 高史

出版社名:プレジデント社

発行年月:2021年9月

コロナは事実上、全世界の人々を人質にとった。人は逃げるに逃げられない。この不安な状況は、ある種の精神病に陥った人々が感じる不安と同質のものである――。
生命の危機、孤立と断絶、経済破綻、そして……。病院に列をなす人々が直面する「カオスの縁」を現役の精神科医が明らかにする。
都心から少し離れた街中の心療医院に、毎日驚くほど多くの“悩める人々”が診療に訪れてくる。現代文明によって生み出され、ネット依存やコロナ禍で増幅される、その「不安」の正体とは何なのか。「コロナうつ」と闘う精神科医が、現場から報告する。


精神臨床医

精神臨床医歴45年。新潟県出身。自治体病院長を経て、東京近郊で心療内科を開業。第12回千葉文学賞受賞、時々農民をやっている。

著者紹介

掲載記事

[連載]現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

[連載]コロナうつと闘う精神科医の警鐘「日本人は救われるのか?」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ