ストーカー少年の精神鑑定で「措置入院」不要と判断した理由【精神科医の解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件は、精神科医にとっても複雑な思いを抱かせたといいます。かつてストーカー少年を精神鑑定したとき「措置入院」は必要なしと判定したのはなぜだったのでしょうか。精神科医が著書『シン・サラリーマンの心療内科』(プレジデント社、2020年9月刊)で解説します。

【関連記事】終電の席を譲った女性、席を断った中年、席を奪ったのは【精神科医が解説】

「ストーカー少年」の精神鑑定

平成28年7月26日、相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件は、単純な論評では説明のつかない問題が多く含まれ、精神科医にとっても複雑な思いを抱かせる。

 

とりわけ、犯人が2月19日の措置入院からわずか10日で退院し、その後十分なフォローがなされることもなく、措置入院の要件とされる「他害の恐れ」が消失したとされた後に、実行したからである。精神保健福祉法による措置入院の要件は、精神障害者であることと、その症状による自傷他害の恐れが切迫していることの二つだが、その特徴は、刑法にはない「予防拘束」を認めていることである。

 

犯人は本当に精神障害者で、精神症状によって他害を行ったのか。やまゆり園の犯人は、犯行後の精神鑑定で、統合失調症やうつ病など狭義の精神障害ではなく、「自己愛性パーソナリティ障害」と診断され、また犯行も衝動的でなく、計画性を認めている。

 

言い換えると、犯人は精神障害者とは言えず、また犯行も精神障害によるものとは言えないということになる。すなわち、措置入院の時点で、要件を満たしていなかった可能性がある。しかし、3人もの医師が措置を決定している。

 

ここで私の鑑定経験を思い出す。一方的に好きになった女性に相手にされず、殺意を抱き、またそれを公言してはばからず、ついに女性の住むアパートの5カ所に時限発火装置を取り付け、焼き殺そうとした男の鑑定である。

 

男はあまりに露骨に放火を予告したため、精神障害を疑われ、精神保健福祉法による措置診察となった。診察は2人の医師が行い、その1人が私であった。ともにパーソナリティ障害と診断したが、措置入院を要するかどうかの判定は、私は「不要」、もう1人の医師は「必要」とした。

 

2人が一致しない場合、措置入院は不要となる。発火装置は実際には作動せず、未成年だったこともあり、男は逮捕に至らず帰宅できることになった。ただ、この時付き添ってきた生活安全課の課長から、もし彼がまた火をつけたら、誰が責任を取るのかと迫られた。もう1人の医師もこの男は措置入院させるべきだと、私に強く迫った。

 

しかし、男は精神病ではなく、他害行為もその症状に基づくものではない。措置入院させたところで、治療可能性は低く、病院はすぐに措置を解除し、退院させるだろう。

 

この男を措置入院とすれば、精神病床は、彼と似たようなパーソナリティ障害者であふれかえることになる。私はそう答えたものの、賛同は得られなかった。もちろん、帰宅した男が再びストーカー行為の挙げ句、その女性に害を及ぼす恐れがないわけではなかった。が、幸い、その後家族の努力によって、他害行為は防がれたのである。

 

私がやまゆり園の犯人の措置診察を行っていたら「措置不要」としていたかどうか、わからない。ただ、件のストーカー男とは少し異なることを感じとったかもしれない。

 

犯人は己の差別意識を「選ばれし者を救う」という世界救済的な思想によって正当化している。オウム真理教の選民思想にも通ずるが、私が鑑定を行った過去の多くの事件では、かかる選民意識を示した者はいなかった。ならばなおさら、精神医療の枠の中での対応は困難であろう。ゆえにやはり、措置要件を満たさずとしたかもしれない。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

精神臨床医

精神臨床医歴45年。新潟県出身。自治体病院長を経て、東京近郊で心療内科を開業。第12回千葉文学賞受賞、時々農民をやっている。

著者紹介

連載コロナうつと闘う精神科医の警鐘「日本人は救われるのか?」

※本連載は遠山高史氏の著書『シン・サラリーマンの心療内科』(プレジデント社、2020年9月刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

シン・サラリーマンの心療内科

シン・サラリーマンの心療内科

遠山 高史

プレジデント社

コロナは事実上、全世界の人々を人質にとった。人は逃げるに逃げられない。この不安な状況は、ある種の精神病に陥った人々が感じる不安と同質のものである――。 生命の危機、孤立と断絶、経済破綻、そして……。病院に列をな…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ